2.1キロが無電柱化 5号倶知安駅前の電線共同溝を延伸へ

2019年04月19日 12時00分

 小樽開建は2019年度、5号倶知安町第三・第四、第五電線共同溝整備に新規着手する。全体事業費38億円を充て、整備済み区間から南北に計2・1㌔の区間で両側4・2㌔を延伸する計画。19年度は2億5800万円を予算化し、詳細設計や施工計画検討など業務8件を発注する。設計の進ちょくを図り、整備スケジュールを固める方針だ。

 中心市街地を無電柱化することで、安全で快適な歩行空間と良好な都市計画の形成を図るとともに、震災時の緊急輸送路の確保につなげる。

 5号倶知安駅前では、11―14年度に4億円を充てて、北3条西1丁目の276号交点から、北1条西1丁目の道道倶知安停線交差点までの両側560mを第一電線共同溝として整備した。

 14―18年度は、第一電線共同溝から南側に延伸する第二電線共同溝に着手し、北1条西1丁目の道道倶知安停線交差点から、南4条西1丁目の道道倶知安ニセコ線交点までの両側600mに5億円を投じた。

 19年度から、整備済み区間を南北に延伸する第三・第四、第五電線共同溝を整備する。

 第三・第四電線共同溝は、第二電線共同溝を南側に延伸するもので、南4条西1丁目の道道倶知安ニセコ線交点から、レルヒ記念公園付近までの2・6㌔が対象。第五電線共同溝は、北3条西1丁目の276号交点から、北7条西1丁目の小樽開建倶知安開発事務所付近までの1・6㌔となっている。

 18年度2次補正で1億800万円、19年度当初予算で1億5000万円の計2億5800万円を措置。

 予備設計は北海道道路エンジニアリングが担当した。

 19年度は各電線共同溝の測量調査3件、地質調査2件、資料作成1件は第1四半期(4―6月)に指名し、詳細設計と施工計画検討はプロポーザルで第2四半期(7―9月)に公告する。


関連キーワード: 国交省 後志 道路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 日本仮設
  • 川崎建設
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌・月寒東に延べ3.2万m²の日本医療大
2019年05月29日 (5,208)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (4,860)
札幌市、地下鉄駅をリフレッシュ 10カ年で92億円
2019年05月28日 (3,012)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,871)
芙蓉総合リースが札幌・北10西16に商業施設
2019年06月09日 (2,268)

連載・特集

連載 ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流new

ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流
開発の波が訪れつつある色丹島の状況を報告します。

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第161回は「チャーハン」。白飯より 血糖値の上昇が緩やかで、太りにくい 性質があります。