津別町の木材工芸館 リニューアルオープン

2019年04月23日 12時00分

 津別町は20日、改修工事が完成したつべつ木材工芸館をリニューアルオープンさせた。開場を待ち望んだ子どもたちや工事関係者ら約60人が集まり、佐藤多一町長をはじめ6人がテープカットして完成を祝った。

 

テープカットする関係者一同

共和127の2にある同館は1984年に建設。ウッドクラフトを展示・販売していたが、観光客の減少や町には子どもたちの遊べる施設が少ないことから総事業費1億5756万円を投じて2018年度に改修した。

 佐藤町長は「国道230号沿いに同館や、さんさん館などのスポットがある。今後もまちなか再生事業で変えていく。多くの観光客に立ち寄っていただき、子どもたちも楽しんでほしい」とあいさつした。

 式典では、愛称が発表され、「キノス」に決まった。考案した津別小4年生の土田陸翔君は「施設の周辺には多くの木があり、鳥の巣がたくさんある。鳥の巣のように子どもたちが集まり、遊べる施設をイメージした」と話していた。

 1階には町の木材を使った滑り台やクライミングウオールなどの大型遊具を設け、2階にはアートコーナーを設置。前庭には水遊びのできる噴水広場を整備した。施設の開場とともに子どもたちが遊具を楽しんだ。

 施工を担った清水建設(本社・津別)の清水靖則社長は「子どもたちが体いっぱいに遊べる施設は今までなかった。津別の木を感じられる施設。たくさんの子どもたちに遊んでほしい」と期待を寄せた。

 


関連キーワード: オホーツク

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

再開発マップ(札幌版)
  • 日本仮設
  • 東宏
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ダクタイル鋳鉄管データ不正 十勝管内にも影響...
2022年01月14日 (5,441)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,514)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (3,375)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (3,213)
冬季は除雪オペレーター 谷組が女性従業員3人を通年...
2022年01月16日 (2,712)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第223回は「感染第6波」。ワクチンの追加接種が広がるまで、対策徹底を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第16回「吉祥文様で良い一年を」。縁起の良い模様に背中を押してもらうのはどうでしょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第15回「事業拡大と補助者制度」自分以外でもできる仕事を人に任せながら、事業拡大について考えています。