倶知安町が11月1日から宿泊税を導入 宿泊料金の2%

2019年04月24日 12時00分

 倶知安町が11月1日から導入する宿泊税に関し、19日付で総務省の同意を得た。宿泊料金に対し一律2%を徴収する。定額制ではなく率を定めるのは、全国で初めてとなる。

 ひらふ地区などのリゾート開発が進むエリアが、世界に誇れるリゾート地として発展することを目指し、地域の魅力を高め、観光振興を図る費用に充てる。2018年11月の町議会で条例を可決していた。

 同町のまち・ひと・しごと創生総合戦略で、魅力ある観光地づくりの個別施策として①域内交通網の整備②ニセコ・羊蹄山の環境保全③安全・安心なリゾート形成④観光インフラ整備⑤新幹線を意識したまちづくり―の5点を明記。宿泊税はこれらの整備に活用する考えだ。

 特にインフラ整備では、市街地とひらふ地区を結ぶ交通アクセスの向上、ひらふ第1駐車場再整備を含む道路環境の整備など、新幹線関連では、広域観光ハブ施設となる交通ターミナル整備などを想定している。

 宿泊税の見込額として17年度の宿泊延べ数(127万3000人)を基に、19年度は2億7300万円、20年度以降は3億8000万円程度を試算している。


関連キーワード: ホテル 後志 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • web企画
  • 古垣建設
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (3,782)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,430)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (1,963)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,600)
仁木IC開通に向けて仁木町が観光拠点づくりを検討
2019年10月23日 (1,598)

連載・特集

連載 釧根で輝く女性たちnew

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第171回は「内臓脂肪」。内臓を背中 に繋ぎ止める腸間膜についた脂肪で、 過度に増えると重大疾患を招きます。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。