未来を担う ワカモノの思い…

未来を担うワカモノの思い ケーワンシステム 小林一樹さん

2019年04月24日 07時00分

手本になるような職人に

小林一樹(こばやし かずき)さん

 ケーワンシステム(本社・札幌)に入社して12年目。鋼製床下地「K―1デッキ」の施工を担う。札幌市外の保育園や学校、病院などの現場が中心で、礼文町や長野県まで出張したことがある。「その土地のおいしいものを食べるのが楽しみ」でもある。

 社内では「真ん中くらいの年齢」。職長を任せられる機会が多く、時には5―6人をまとめ、工期に間に合うよう仕事の分担の割り振りなどをする。「天井を張ったり、壁をつくったりする職人たちとのコミュニケーションを図る必要がある」と話す。

 雨や雪といった天候に左右される状況で、工期が迫るというプレッシャーはあるが、完成したときにやりがいを感じるという。

 1つの現場に長くても2―3日。心掛けているのは「仕事終わりの片付け。後の業者が来たときに邪魔になるから、きれいな状態で渡す」ことだ。

 普通科の高校を卒業後、「体を動かすのが好き」で型枠大工になった。その後、異業種のアルバイトや他社を経て、縁あってケーワンシステムに入った。

 原田慶一社長は「会社のホープ。いなくてはならない存在」と信頼を寄せる。「現場から名指しで呼ばれる、手本になるような職人」を目指し、日々研さんを積む。

 1979年9月25日生まれ、夕張市出身。帰宅後と休日には、7カ月になる一人娘の面倒を見る。「笑ってくれたときが至福。優しい子になってほしい」と目を細める。


未来を担う ワカモノの思い… 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • オノデラ
  • web企画
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,750)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (9,959)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (5,270)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,300)
東川町天人峡温泉の再生始まる 6月にも廃ホテル解体...
2023年01月29日 (4,063)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第27回「マネジメントの巧拙」従業員の意欲や士気を左右する、奥が深い業務です。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第28回「インテリア史の糸口」。椅子ひとつとっても誕生には様々な要因が。歴史は深く語るほど面白いです。