未来を担う ワカモノの思い…

未来を担うワカモノの思い ケーワンシステム 小林一樹さん

2019年04月24日 07時00分

手本になるような職人に

小林一樹(こばやし かずき)さん

 ケーワンシステム(本社・札幌)に入社して12年目。鋼製床下地「K―1デッキ」の施工を担う。札幌市外の保育園や学校、病院などの現場が中心で、礼文町や長野県まで出張したことがある。「その土地のおいしいものを食べるのが楽しみ」でもある。

 社内では「真ん中くらいの年齢」。職長を任せられる機会が多く、時には5―6人をまとめ、工期に間に合うよう仕事の分担の割り振りなどをする。「天井を張ったり、壁をつくったりする職人たちとのコミュニケーションを図る必要がある」と話す。

 雨や雪といった天候に左右される状況で、工期が迫るというプレッシャーはあるが、完成したときにやりがいを感じるという。

 1つの現場に長くても2―3日。心掛けているのは「仕事終わりの片付け。後の業者が来たときに邪魔になるから、きれいな状態で渡す」ことだ。

 普通科の高校を卒業後、「体を動かすのが好き」で型枠大工になった。その後、異業種のアルバイトや他社を経て、縁あってケーワンシステムに入った。

 原田慶一社長は「会社のホープ。いなくてはならない存在」と信頼を寄せる。「現場から名指しで呼ばれる、手本になるような職人」を目指し、日々研さんを積む。

 1979年9月25日生まれ、夕張市出身。帰宅後と休日には、7カ月になる一人娘の面倒を見る。「笑ってくれたときが至福。優しい子になってほしい」と目を細める。


未来を担う ワカモノの思い… 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 東宏
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,040)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (1,967)
ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台
2019年05月08日 (1,810)
再開発きっかけに病院の移転改築増加 札幌市内
2019年05月15日 (1,557)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (1,316)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第159回は「連休の後遺症」。体力的 な疲労と仕事のストレスが「五月病」 の正体です。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。