萌志会の会長に堀松誠氏が就任

2019年04月24日 18時00分

 留萌建設協会二世会の萌志会は22日、留萌建設会館で通常総会を開いた。任期満了に伴う役員改選では、白鳥建設工業の堀松誠社長を会長に新任。2019年度事業計画には担い手育成と会員の相互研さん、交流促進などを盛り込んだ。

新会長に選出され抱負を述べる堀松社長

 新会長に選出された堀松社長は「伝統ある萌志会の会長に選任され、身が引き締まる思いだ。会の目的である会員の相互研さんと交流促進に加え、働き方改革、担い手不足対応、ICT活用による生産性向上という3つの大きなテーマに沿って、しっかり活動していきたい」と抱負を述べた。

 議事では、18年度の事業報告と決算を承認した後、事業計画を審議。担い手育成に向けた管内小学校での出前授業や関係団体との研修会、意見交換会の開催などに取り組むことを申し合わせた。また、役員改選では新会長を選出したほか、石山公介広報と遠藤邦彦監事の副会長昇格を決めた。

 


関連キーワード: 留萌

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 川崎建設
  • イイファス
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,043)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (1,958)
ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台
2019年05月08日 (1,810)
再開発きっかけに病院の移転改築増加 札幌市内
2019年05月15日 (1,559)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (1,316)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第159回は「連休の後遺症」。体力的 な疲労と仕事のストレスが「五月病」 の正体です。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。