ジャンプ競技場、大倉山に機能集約も 札幌市

2019年05月07日 12時00分

冬季五輪招致見据え、具体策を探る

 札幌市は、冬季オリンピック・パラリンピック招致に向け、競技運営スペース確保のため大倉山と宮の森両スキージャンプ競技場の整備検討に着手した。大倉山にジャンプ台を新設する機能集約か、各競技場の整備か、2つの方向性を比較。費用や国際大会開催時の運営効率化の効果などを踏まえ、具体策を探る。

 1931年に完成し、札幌五輪開催に向けて70年に改修した大倉山はラージヒル、70年新設の宮の森はノーマルヒル大会の競技場となっている。

 宮の森は運営スペースが狭く、オリパラ招致を見据え、平場を確保する必要がある。一方、大倉山は宮の森より広いが、十分な余裕はない状況だ。

 運営スペース確保で両競技場を整備した場合、費用がかさむ可能性があるため、比較的余裕のある大倉山に機能集約することも掲げている。

 集約すれば、将来的な運営効率化が図られ、敷地整備は大倉山のみに限定できる。ただ、ジャンプ台を新設することになるため、費用面も比較して方向性をまとめる。ジャンプ台の位置やランディングバーン(着地路)の設置方法なども考える必要がある。

 方向性がまとまれば、今秋公表予定の冬季オリパラ開催概要計画案に盛り込む考えだ。

(北海道建設新聞2019年4月26日付18面より)


関連キーワード: さっぽろ圏 スポーツ

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • オノデラ
  • 古垣建設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌・月寒東に延べ3.2万m²の日本医療大
2019年05月29日 (5,208)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (4,860)
札幌市、地下鉄駅をリフレッシュ 10カ年で92億円
2019年05月28日 (3,012)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,871)
芙蓉総合リースが札幌・北10西16に商業施設
2019年06月09日 (2,268)

連載・特集

連載 ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流new

ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流
開発の波が訪れつつある色丹島の状況を報告します。

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第161回は「チャーハン」。白飯より 血糖値の上昇が緩やかで、太りにくい 性質があります。