棒二森屋跡地活用で再開発準備組合

2019年05月07日 15時00分

発起人会結成し、夏ごろに設立

 1月末に閉店した棒二森屋店の跡地活用について話し合う函館駅前東地区まちづくり協議会は25日、最終となる第9回会合を市内で開き、再開発準備組合の設立に向けた発起人会の立ち上げなど今後の方針を固めた。

 跡地活用を巡っては、前回の会合でイオンモールや西松建設などで構成する事務局がマンションやホテル、商業施設のほか、図書館など公共サービス施設の整備を盛り込んだ「将来ビジョン」案を提示。今回は、その最終版の内容を説明した。

 これらの整備については、都市再開発法に基づく市街地再開発事業で進める方針を掲げ、夏ごろの再開発準備組合設立を目指す。これに備え、権利関係者や事務局などで組織する発起人会を結成。5月以降に会合を数回程度開く予定だ。

 各施設の規模や内容などに関しては、準備組合設立後に議論を深める方針だ。

(北海道建設新聞社2019年4月26日付2面から)


関連キーワード: 再開発 道南

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 日本仮設
  • web企画
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (2,222)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,078)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,619)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,388)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,021)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 若返る新さっぽろnew

若返る新さっぽろ
「副都心」ににぎわいを取り戻すため、医療と教育を核とする大規模再開発が本格化。計画が生まれるいきさつとともに街の展望を探る。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。