ロケット成功受け宇宙関連産業推進室を設置 十勝総合局

2019年05月10日 12時00分

 十勝総合局は7日、局内に宇宙関連産業推進室を設置した。4日にインターステラテクノロジズ(本社・大樹、IST)のロケット打ち上げ成功を機に実現。同社や関係自治体と宇宙関連産業への参入希望企業や人工衛星データを活用したい1次産業従事者などと関係を仲介し、管内宇宙関連産業の発展を目指す。

 宇宙産業は分野が幅広いことから、組織は部課横断型とし地域政策課や農務課、建設管理部など6つの部課を含む。事務局は商工労働観光課に置き、佐藤正人地域産業担当部長が室長を務める。

推進室が取り組む方向性を示した

 8日に開いた初の会議で三井真局長は推進室設置について「国や道、企業との連携、地場産業の参入促進に向けた地域ニーズの調査、ISTとのマッチング、射場整備やそれに伴う道路整備もある。道職員の知識とネットワークを生かし、地元と一緒に走っていけるようあらゆる支援の手だてを考えていく」と話し、スピード感を持って行動する必要性を強調した。

 議事では道内の宇宙開発への取り組み経過やISTに対する道の支援、農業における衛星データの利活用状況など情報共有した。


関連キーワード: 北海道庁 十勝 宇宙

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 川崎建設
  • web企画
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (3,085)
236号帯広市稲田―川西間3km区間を4車線化へ 帯広開建
2020年02月10日 (2,924)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,134)
日高自動車道大狩部トンネルが貫通
2020年02月15日 (1,729)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,492)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第178回は「濃厚接触」。電車やバス など人混みを避け、インフルエンザや 風邪を防ぐためにもマスクの着用を。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 走り出したSDGs~建設業が取り組む意味

走り出したSDGs~建設業が取り組む意味
建設業がSDGsに取り組む意義を 報告。先進的に着手する道内建設業 を紹介します。