ロケット成功受け宇宙関連産業推進室を設置 十勝総合局

2019年05月10日 12時00分

 十勝総合局は7日、局内に宇宙関連産業推進室を設置した。4日にインターステラテクノロジズ(本社・大樹、IST)のロケット打ち上げ成功を機に実現。同社や関係自治体と宇宙関連産業への参入希望企業や人工衛星データを活用したい1次産業従事者などと関係を仲介し、管内宇宙関連産業の発展を目指す。

 宇宙産業は分野が幅広いことから、組織は部課横断型とし地域政策課や農務課、建設管理部など6つの部課を含む。事務局は商工労働観光課に置き、佐藤正人地域産業担当部長が室長を務める。

推進室が取り組む方向性を示した

 8日に開いた初の会議で三井真局長は推進室設置について「国や道、企業との連携、地場産業の参入促進に向けた地域ニーズの調査、ISTとのマッチング、射場整備やそれに伴う道路整備もある。道職員の知識とネットワークを生かし、地元と一緒に走っていけるようあらゆる支援の手だてを考えていく」と話し、スピード感を持って行動する必要性を強調した。

 議事では道内の宇宙開発への取り組み経過やISTに対する道の支援、農業における衛星データの利活用状況など情報共有した。


関連キーワード: 北海道庁 十勝 宇宙

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • オノデラ
  • 川崎建設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,040)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (1,967)
ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台
2019年05月08日 (1,810)
再開発きっかけに病院の移転改築増加 札幌市内
2019年05月15日 (1,557)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (1,316)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第159回は「連休の後遺症」。体力的 な疲労と仕事のストレスが「五月病」 の正体です。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。