テレワークも可能に 斜里町の産業会館がリニューアル

2019年05月11日 16時00分

開放的なスペースでテレワークができる

 改修を進めていた斜里町の産業会館が、9日にリニューアルオープンした。Wi―Fi環境が整い、研修室の内装も知床世界自然遺産を連想させる色に統一したことで、ゆったりとした空間でテレワークすることが可能となった。利用料は無料で、コーヒーも無料で飲むことができる。

 本町29の8にある同施設は1964年の建設で、規模はRC造、3階、延べ1500㎡。1階には斜里町商工会や観光協会が入っている。完成から50年以上が経過しており、テレワーク施設が町内に少ないことから、新たなビジネス交流の拠点として昨年から改修を進めていた。

 1階の調理室などを会議室や研修室へ、2階の和室を研修室へと改修し、Wi―Fi環境を整えた。知床の自然をイメージできるよう、階段は緑色に、研修室の壁は流氷や海の水色に統一し、利用者の過ごしやすさを重視した。2階には無料のコーヒーサーバーを設置した。

 町の担当者は「出張で訪れる人や町内の事業者が、気軽にビジネス交流できる場になってほしい」と期待を込めている。


関連キーワード: オホーツク 働き方改革

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • 日本仮設
  • web企画
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (3,899)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,617)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (2,035)
仁木IC開通に向けて仁木町が観光拠点づくりを検討
2019年10月23日 (1,655)
札幌市のアクションプラン 事業費は4年間で1兆円
2019年10月23日 (1,433)

連載・特集

特集 NETIS特集2019new

NETIS特集2019
「土木の日」を契機に最先端の土木 技術であるNETISに焦点を当て、 各社の登録技術を紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 釧根で輝く女性たち

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。