鶴居村がファミリースポセン改築 事業費14―15億円見込む

2019年05月15日 10時00分

 鶴居村は、鶴居西6丁目1の1に位置するファミリースポーツセンターの現地改築に向け、実施設計を6月中旬に指名する。新施設の規模はRC一部W造、2階、延べ2800m²。地域住民の交流の場としてコミュニティースペースなどを設ける。総事業費は14億―15億円を見込んでいる。

 既存施設の規模はRC一部S造、2階、延べ1715m²で、1975年に完成した。施設の老朽化や耐震性に課題が見つかり、西公共エリアの再整備に伴い、改築することを決めた。

 新施設の1階はメインアリーナ、サブアリーナ、トレーニングルーム、シャワールーム、キッズスペース、コミュニティースペースなどを配置し、2階は村民の健康増進を兼ね、ランニングスペースを設ける。屋根には太陽光パネルの設置を検討している。駐車場は従来の普通車57台に加え、大型バスの駐車スペースを増設する。

 基本設計はドーコンが担当し、4月に完了。実施設計の開札は6月末で業務期間は2020年2月までを予定。施工時期は20年6月からの2カ年で、22年中に完成の見込み。施設南側にプールの併設を検討しているため、利用開始は24年からを目指している。


関連キーワード: スポーツ 改築 道東 釧路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 日本仮設
  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,043)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (1,958)
ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台
2019年05月08日 (1,810)
再開発きっかけに病院の移転改築増加 札幌市内
2019年05月15日 (1,559)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (1,316)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第159回は「連休の後遺症」。体力的 な疲労と仕事のストレスが「五月病」 の正体です。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。