石狩市に出力2000㌔㍗級の風力発電機 北ガス  

2019年05月16日 18時00分

 北海道ガス(札幌市中央区大通西7丁目3の1、大槻博社長)は、石狩市新港中央に出力2000㌔㍗級の小規模風力発電機1基の新設を計画している。2019年度は基本設計などを進め、20年9月に着工。21年10月ころの運転開始を予定している。風力発電事業のテストケースとして位置付け、手応えによっては今後規模を広げる考えだ。

 15日、環境影響評価方法書の縦覧を始めた。石狩LNG基地に隣接する石狩市新港中央4丁目の社有地5万㎡に出力2350㌔㍗の風力発電機1基を新設する計画。電力系統の送電線への接続も協議する。

 北ガスは、総合エネルギーサービス事業の展開に向けて基盤を強化している。本業のガス事業と、電力事業、エネルギーマネジメントサービスによる3本柱。電力事業では、天然ガスと再生可能エネルギーのベストミックスを実現する電源調達・整備を重点の一つに置く。

 北ガス石狩発電所は、総工費約100億円を投じて新設した高効率ガス発電所。発電容量は7万8000㌔㍗で、18年10月に営業運転を開始した。19年4月は札幌市中央区北4条東6丁目周辺地区で、出力315㌔㍗の46エネルギーセンターを稼働。6月にはグループ本社ビルに併設する北7条東2丁目の札幌発電所(7800㌔㍗2台)の運転開始を予定している。

 4月の会見で大槻社長は「将来は再生可能エネルギーの取り合いになる。天然ガスはもちろんだが、再エネの整備や手当ては重要な課題だ」と話していた。


関連キーワード: エネルギー

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • オノデラ
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,040)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (1,967)
ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台
2019年05月08日 (1,810)
再開発きっかけに病院の移転改築増加 札幌市内
2019年05月15日 (1,557)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (1,316)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第159回は「連休の後遺症」。体力的 な疲労と仕事のストレスが「五月病」 の正体です。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。