8月にモンゴル―新千歳間初のチャーター便運航へ

2019年05月18日 12時00分

 MIATモンゴル航空が8月上旬、モンゴルの首都ウランバートルと北海道を結ぶ初のチャーター便を運航する。モンゴルから一般観光客のほか、政府関係者をはじめとする50人規模の経済・文化交流団が搭乗。札幌で交流イベントを開く見通しだ。

 運航日は8月2日と6日。両日ともチンギスハーン国際空港を起点に、新千歳空港との間を1往復ずつ運航する予定だ。使用機材はボーイング737―800で、座席数は172席。所要時間は片道5時間半前後を見込んでいる。チャーター契約を結ぶJTBが一般客向けの座席を販売する。

 モンゴルからの訪問団は、政府関係者以外に経済人と文化人で構成。5日間の滞在中に道など公的機関への表敬訪問や、企業向けビジネスセミナー開催などを計画している。

 団の受け入れは、道内の官民組織である北海道モンゴル経済交流促進調査会(武部勤会長)が担う。同会は、本道とモンゴルに企業人の往来があったことから2016年2月に発足。現在23の企業・団体が加入している。発足直後から関係者がチャーター便運航を模索し、JTBとの協力で実現した。

 JTBは新千歳発便を使い、首都ウランバートル観光などの日本人向けツアーを企画。18日から募集する。問い合わせはJTB北海道事業部、電話011(221)0576まで。

(北海道建設新聞2019年5月17日付3面より)


関連キーワード: 海外 空港 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 古垣建設
  • 川崎建設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,040)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (1,967)
ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台
2019年05月08日 (1,810)
再開発きっかけに病院の移転改築増加 札幌市内
2019年05月15日 (1,557)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (1,316)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第159回は「連休の後遺症」。体力的 な疲労と仕事のストレスが「五月病」 の正体です。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。