8月にモンゴル―新千歳間初のチャーター便運航へ

2019年05月18日 12時00分

 MIATモンゴル航空が8月上旬、モンゴルの首都ウランバートルと北海道を結ぶ初のチャーター便を運航する。モンゴルから一般観光客のほか、政府関係者をはじめとする50人規模の経済・文化交流団が搭乗。札幌で交流イベントを開く見通しだ。

 運航日は8月2日と6日。両日ともチンギスハーン国際空港を起点に、新千歳空港との間を1往復ずつ運航する予定だ。使用機材はボーイング737―800で、座席数は172席。所要時間は片道5時間半前後を見込んでいる。チャーター契約を結ぶJTBが一般客向けの座席を販売する。

 モンゴルからの訪問団は、政府関係者以外に経済人と文化人で構成。5日間の滞在中に道など公的機関への表敬訪問や、企業向けビジネスセミナー開催などを計画している。

 団の受け入れは、道内の官民組織である北海道モンゴル経済交流促進調査会(武部勤会長)が担う。同会は、本道とモンゴルに企業人の往来があったことから2016年2月に発足。現在23の企業・団体が加入している。発足直後から関係者がチャーター便運航を模索し、JTBとの協力で実現した。

 JTBは新千歳発便を使い、首都ウランバートル観光などの日本人向けツアーを企画。18日から募集する。問い合わせはJTB北海道事業部、電話011(221)0576まで。

(北海道建設新聞2019年5月17日付3面より)


関連キーワード: 海外 空港 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 古垣建設
  • web企画
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

地下鉄駅中心に半径400m 札幌市の中島公園周辺整備構想
2019年06月28日 (2,434)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,283)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (2,196)
札幌・発寒にスポーツ用品店 アルペンが入居
2019年06月24日 (2,110)
札幌西ICフル規格化 署名2万筆集め今夏から要望活動
2019年07月07日 (1,803)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第163回は「Jカーブ効果」。お酒を 全く飲まない人やたくさん飲む人より 少量を飲む人の健康リスクが低くなる 場合があります。

連載 ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流new

ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流
開発の波が訪れつつある色丹島の状況を報告します。