女性進出支援へ 室蘭建管などが室蘭工大の学生と座談会

2019年05月23日 12時00分

 室蘭建管、建設どさん娘の会などは21日、建設業界への女性進出を積極的に後押ししようと、室蘭工大で同大女子学生と座談会を開いた。仕事のイメージを膨らませてもらうとともに、学生らしい素直な意見に耳を傾けた。

自分たちの将来イメージをつかもうと参加した室蘭工大の女子学生ら

 室蘭経営研究会と日胆地区測量設計協会が協力。室蘭工大の2年生から大学院生まで、建築、土木を専攻する学生22人と、官庁や業界から合わせて45人が参加した。

 最初に建設業をより深く知ってもらおうと、「道路ができるまで」をテーマに、官公庁と建設業者、建設コンサルの各担当者がプレゼンテーション。計画から測量・調査、用地取得を経て、工事説明、施工、完成、維持管理に至る一連の流れを解説した。

 続いて、女性採用の取り組みを説明。建設どさん娘の会に所属する菊川栄子さん(新太平洋建設)は、自らの就職活動、職場経験を披露し「施工管理、ものづくりは魅力的な仕事」と、後に続く女性技術者を歓迎した。

 また日胆地区測量設計協会から参加した菅原桂子さん(菅原測量設計)は「今日出た意見を私たちの意識を変える一助にしたい」と述べた。

 このあと、参加者は5つのグループに分かれて意見交換。「女性技術者がいない会社には入っていきづらい」「仕事のイメージが分からない」「現場やトイレなど汚い印象がある」といった声や、「結婚、子育てで休職できるのか、そのあと職場に復帰できるのか」「インターンシップに参加して現場や会社を知りたい」などの指摘、要望が出された。

 今回参加したメンバーは、9月に道道滝之町伊達線の工事現場を訪れ、建設業の知識をより深める予定だ。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,314)
羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,240)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,649)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,451)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (1,931)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。