IST、ロケットの射場整備を鈴木知事に要請

2019年05月25日 12時00分

 インターステラテクノロジズ(IST、本社・大樹)の稲川貴大社長と堀江貴文取締役、酒森正人大樹町長は20日、鈴木直道知事を訪問した。観測ロケットMOMO3号機の打ち上げに成功したことを報告し、今後の射場整備への支援を要請した。鈴木知事は、道職員を派遣して開発を後押しする考えを示した。

ロケットの成功を報告した稲川社長(左)と堀江取締役(中央)

 ISTは4日にMOMO3号機の打ち上げに成功。日本の民間企業が単独開発したロケットでは初となる高度100㌔の宇宙空間に到達した。今後、2023年の打ち上げを目指して超小型衛星軌道投入用ロケット「ZERO」の開発を本格化させる。

 道庁本庁舎を訪れた稲川社長は「次の射場が必要になる。宇宙産業が継続するのに大切」と新たな射場整備の必要性を強調。堀江取締役は「大樹町がスペースポートとして認知された。夢があり、人を引きつけ、観光効果もある。それ以上に産業振興の効果がある。射場ができれば北海道経済に寄与することは間違いない」と話し、整備に向けた支援を求めた。

 鈴木知事は「組織が連動して、何ができるかを一緒に考えて取り組むことが重要」と述べ、道の職員を大樹町に派遣して連携を強める考えを示した。

(2019年5月21日付2面の北海道建設新聞より)


関連キーワード: 十勝

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • web企画
  • 日本仮設
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR北海道 小樽、ニセコにホテルを計画
2019年07月23日 (2,371)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,060)
新さっぽろ駅周辺地区 G・I街区の開発始まる
2019年08月08日 (1,832)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (1,464)
札幌都心部でホテルの建設加速 19年上半期に9件
2019年07月30日 (1,396)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第165回は「のどの渇きと湿度」。体 温が下がらず余計に汗が出るため、湿 度が高いと喉が渇きやすくなります。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。