IST、ロケットの射場整備を鈴木知事に要請

2019年05月25日 12時00分

 インターステラテクノロジズ(IST、本社・大樹)の稲川貴大社長と堀江貴文取締役、酒森正人大樹町長は20日、鈴木直道知事を訪問した。観測ロケットMOMO3号機の打ち上げに成功したことを報告し、今後の射場整備への支援を要請した。鈴木知事は、道職員を派遣して開発を後押しする考えを示した。

ロケットの成功を報告した稲川社長(左)と堀江取締役(中央)

 ISTは4日にMOMO3号機の打ち上げに成功。日本の民間企業が単独開発したロケットでは初となる高度100㌔の宇宙空間に到達した。今後、2023年の打ち上げを目指して超小型衛星軌道投入用ロケット「ZERO」の開発を本格化させる。

 道庁本庁舎を訪れた稲川社長は「次の射場が必要になる。宇宙産業が継続するのに大切」と新たな射場整備の必要性を強調。堀江取締役は「大樹町がスペースポートとして認知された。夢があり、人を引きつけ、観光効果もある。それ以上に産業振興の効果がある。射場ができれば北海道経済に寄与することは間違いない」と話し、整備に向けた支援を求めた。

 鈴木知事は「組織が連動して、何ができるかを一緒に考えて取り組むことが重要」と述べ、道の職員を大樹町に派遣して連携を強める考えを示した。

(2019年5月21日付2面の北海道建設新聞より)


関連キーワード: 十勝

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 川崎建設
  • 日本仮設
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (2,022)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,494)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,467)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (1,125)
コロナ禍もニセコのホテル工事続く
2020年06月01日 (985)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。