札幌塗装協組青年部会が30周年記念誌を発刊

2019年05月25日 15時00分

 札幌塗装工業協同組合青年部会は、設立30周年記念誌「塗跡―ぬりあと―」を発刊した。1988年からの活動の歴史をつづるとともに、2018年に展開した記念事業のほか、継続して実施しているボランティアや講習会などの様子も盛り込んでいる。

 同部会は、会員の親睦や後継者育成、塗装業界の発展などを目的に、会員36人で発足した。18年に迎えた30周年の記念事業の一環で進めてきた記念誌は、設立して初めての発刊。部会OBらに聞き取りや資料提供を依頼するなどし、約2年かけて一から作り上げた。

30年の歩みをまとめた記念誌を手にする藤田会長

 記念誌前半のページに18年に実施した30周年記念式典や、百合が原公園「リリートレイン」の塗り替えや植樹式といった記念事業の様子を、写真をふんだんに使って紹介。このほか、設立からの歩みとして年度別の主な活動や歴代会長からの寄稿などを掲載したほか、さっぽろ雪まつり市民雪像制作や児童会館でのボランティア活動などを事業別にまとめている。

 A4判、フルカラーの全61㌻で、120部を作製。会員や部会OB、道内各地区の塗装青年部会に配布した。

 編集長を務めた松田剛さんは「次世代の会員にこれまでの活動を知ってもらうとともに、次につなげていくことの大切さが伝われば」と記念誌に込めた思いを語る。

 藤田勝幸会長は「これまでの歩みを形にすることができた。今後も40、50年と続いていく団体にしていきたい」と話している。

(2019年5月21日付2面の北海道建設新聞から)

 

 


関連キーワード: さっぽろ圏

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 日本仮設
  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌・月寒東に延べ3.2万m²の日本医療大
2019年05月29日 (5,208)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (4,861)
札幌市、地下鉄駅をリフレッシュ 10カ年で92億円
2019年05月28日 (3,013)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,867)
芙蓉総合リースが札幌・北10西16に商業施設
2019年06月09日 (2,269)

連載・特集

連載 ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流new

ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流
開発の波が訪れつつある色丹島の状況を報告します。

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第161回は「チャーハン」。白飯より 血糖値の上昇が緩やかで、太りにくい 性質があります。