名刺にご当地キャラで管内PR 留萌建設協会の萌志会

2019年05月28日 15時00分

 ご当地キャラで留萌管内の宣伝を―。留萌建設協会二世会の萌志会は、4月から新体制に移行したことに合わせ、会員の名刺に沿岸バスが製作したご当地萌えキャラと地元8市町村のゆるキャラを印刷して留萌管内の宣伝に励んでいる。

ご当地キャラをあしらった名刺を紹介する堀松会長(左)と堀口哲志副会長

 ゆるキャラは、合体してトドやアザラシといった害獣と戦う留萌管内合体機獣オロロンロボメビウスになり、萌えキャラは各ゆるキャラロボを操縦するパイロットという設定で、留萌振興局などが地域の魅力発信に利用している。

 この取り組みを知った堀松誠白鳥建設工業社長が、4月に萌志会の新会長に就任したことを機に「ストーリーが会員の結束強化と親睦を深めるという会の基本理念や、働き方改革など課題解決に挑まなければならない業界の現状に合致していると感じた」と遊び心で名刺に印刷。「キャラは会員の本店所在地ごとに8種類と全てを印刷している私の名刺の計9種類がありコンプリートする楽しみも加えた」と話す。

 業界の全道会議などで名刺を交換すると会話が盛り上がるなど好評だそうで「管内の宣伝に一役買っていきたい」と意欲を示している。(留萌)


関連キーワード: 団体 留萌

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 川崎建設
  • 古垣建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

住友生命、札幌ビルの建て替えを検討 入居ホテル24...
2022年12月09日 (1,828)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,292)
おとなの養生訓 第170回「昼間のお酒」 酔いやす...
2019年10月25日 (1,127)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,098)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,001)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。