下水道管点検ロボット実用化に手応え 川崎建設が開発中

2019年05月31日 15時00分

 川崎建設(京極町)は、開発中の下水道管点検ロボットの実用化に向け、着実に歩みを進めている。このほど実施した圧送管内部の撮影も難なくこなし、一定の手応えをつかんだ。将来的な普及を視野に、6月に仙台市で開かれる展示会などに出展しPRを図っていく。

 昨今は下水道の老朽解消が全国的な課題。更生工法は管路内を綿密に調べて工法や優先順位を決める必要があるが、管路内を効率よく撮影する方法は確立されていないという。

管路内部をロボット先端部が移動しながら撮影する

 同社が特許を持つ農業用暗渠清掃ロボットをベースに開発を進めている。医療で使う内視鏡のようにカメラ付き先端部が水の噴射で傾斜やカーブを自在に動き回るのが特長。大手コンサルタントの玉野総合コンサルタント(名古屋)と1年ほど前からビジネスパートナーを組み、技術のアピールに力を入れている。

 28日には、展示会で使用するプロモーション映像を同社機材センターで撮影した。下水道管の中でも調査が難しい、河川横断などに使われる圧送管の内部をどれだけ正確に捉えられるか実験した。

 暗闇の中に模擬管路を置き、地下に埋設されている状態を再現。外部と唯一つながっている口径75㍉の空気弁にロボット先端部を挿入し内部を撮影した。

 モニターで映像を見た玉野総合コンサルタントの源田吉則上下水道部長は「鮮明。これなら下水道管の劣化具合がはっきり分かる」と話し、川崎建設の川崎宏社長は「改良が進んでることを実感できた」と胸をなで下ろした。

 見学していた京極町の菊地史博建設課長は「地元企業の魅力ある技術として発信したい」と期待感を示した。

 玉野総合コンサルタントは、今回の画像を6月5、6日に仙台市で開かれる新技術発表会のEE東北で、また8月には横浜市で開催される下水道展で紹介。下水道管路調査方法の有力候補として全国にアピールする。


関連キーワード: 下水道 新技術

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • イイファス
  • 川崎建設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (2,056)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,387)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,382)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,009)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (988)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。