新役場庁舎建設を7月にも指名、10月着工目指す 美幌町

2019年06月03日 15時00分

 美幌町は、新役場庁舎建設を主体、電気、設備の3分割で7月ごろに指名する考えだ。6月の定例町議会で2019・20年度の2カ年の債務負担行為を設定し、19年度施工分の工事費約1億3000万円を補正する見通し。8月の臨時議会か9月の定例議会で契約承認を得て10月に着工する考えで、21年2月の完成を目指す。総工費としては約25億円を積み上げている。

 東2条北2丁目25にある役場庁舎と議会議事堂は1960年に完成。ともにRC造で、規模は役場庁舎が地下1地上2階塔屋3階、延べ1707m²、議会議事堂が2階、延べ915m²となっている。老朽化が進み、耐震性も十分ではないため、両施設を統合して現地で改築する。基本・実施設計はドーコンが担当した。

 新庁舎の規模は、RC造、地下1地上3階、延べ4738m²。現庁舎北側に建設し、新庁舎の東側に入り口を設けて保健福祉総合センターしゃきっとプラザとの行き来ができるようにする。

 階層ごとの計画では、1、2階に町民の利用が多い窓口を配置。1階は交流の場となる待合スペースや多目的会議室を置き、2階は災害対策本部となる会議室を設置する。議会機能は3階に集約し、地下には機械室や書庫、防災備蓄庫などの機能を設ける。

 また、庁舎には1次エネルギー消費を50%以上削減する「ZEB Ready(ゼロ・エネルギー・ビルディング・レディー)」を導入する。

 建設費は、主体が14億2476万4000円、電気が4億994万8000円、機械が6億6398万2000円で、施工監理は1732万6000円となっている。

 本体工事関連は主体、電気、機械、施工監理の4つに分け、それぞれ2カ年の債務負担行為を設定。19年度は主体に7608万7000円、電気に104万5000円、機械に5646万3000円を措置するほか、施工監理費として92万7000円を計上する。

 20年度の支払限度額としては、主体に13億4867万7000円、電気に4億890万3000円、機械に6億751万9000円、施工監理に1639万9000円を設定する見通し。

 町は6月の定例議会で建設費を補正後、早々に共同体結成の募集を告示する考えだ。


関連キーワード: オホーツク 庁舎 改築 耐震

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • web企画
  • オノデラ
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

▶e-kensinマップにクマ目撃情報の特設ページを公開
2019年08月27日 (8,093)
▶「e-kensinマップ」がオープンしました。
2019年07月17日 (3,470)
札幌・北5西1、西2街区再開発 新幹線駅と一体的ビルに
2019年09月02日 (3,234)
札幌のラフィラ建て替え、12月にも準備組合
2019年08月27日 (2,880)
新幹線高架化に伴い倶知安駅の線路とホームを西側に移設へ
2019年08月26日 (2,240)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第167回は「高血圧」。合併症で命を落とす危険もある、深刻な病気です。放置せず治療が必要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。