日本仕様の新型小型風力発電システム シェア1位目指す

2019年06月03日 12時00分

 小型・中型風力発電機大手の上海致遠GHREPOWER(本社・上海)は、新型小型風力発電システム「FD16―19・2㌔㍗」を日本市場に投入した。低風速域でも発電効率が高く、低騒音に仕上げた。国内の小型風力発電機で事故や故障が相次いだことから、AIによる故障予知システムを搭載する。世界市場でシェア上位を占める同社の影響力を、日本の再生可能エネルギー市場で発揮する考えだ。

安全性と高い発電効率が自慢の小型風力発電機

 上海致遠GHREPOWERは、2006年に設立。自社で一体設計・開発する風力発電システムは、安全性と耐久性に優れ、米国、イタリア、カナダなど20カ国以上に導入。小型・中型風力発電の世界市場でシェア上位に就いている。日本国内では、今後系統接続するものを含めると約300機が導入されている。

 日本での小型風力発電機は、出力規模20㌔㍗未満の規制がある。大型機より設置が容易で計画から据え付けまで短期間で運用できる。

 設置面積が小さいことから、地産地消の分散型電源やバッテリーとの組み合わせによる非常用・防災用としての普及が進んでいる。

 導入が容易な一方で、製造元の気候に合わせて作られた海外製の小型風力発電機は、故障や部品の落下が課題だ。日本の台風や乱流した風にも対応できる安全性の高い製品として同社が新製品を開発した。

 日本の多くの地域で吹く低速域の風でも高い発電効率で稼働する新規発電モーターを採用。年間平均風速毎秒6mの環境で、8万2300㌔㍗時の発電量を確保する。低騒音ベアリングを使用した音の静かな風車は、発電機から約150mの環境で38と低騒音を実現している。

 国内で導入済みの従来機で培った自然災害への高い安全性も引き継いだ。徹底したねじの緩み止めなど基本に立ち返った対策で、相次ぐ超大型台風直撃に高い耐久性を見せている。

 運用面では、18年9月に発生した北海道胆振東部地震の際、道内で運用中の同社製品全機が自動で安全停止し、電力系統復旧後に自動回復に成功している。

 目に見えない故障に対応するため、新たにNTTデータCCS(本社・東京)が開発したAIを活用した故障予知システムを搭載。発電機に搭載した特殊マイクが故障や事故の予兆につながる振動や音の変化を24時間監視し、AIが異常音を検知すると自動通知する。

 同機は他社の機種から機種変更が可能で、6月の設備認定取得を目指し海事協会に申請中。エネルギーファーム(本社・東京)と千代田組(同)が合同で販売する。

本道での普及に注目するユー・ウェイ社長

 同社は22年までに国内での導入数を2500基に拡大する目標を掲げる。国内導入数の約3分の1を占める本道については、豊かな風力エネルギー資源で大出力の特長を発揮できる最適な場として注目しているという。

 今後、道内でアフターサービスセンターと予備品倉庫の設立も計画していて、24時間以内で顧客のニーズに応答できる環境を整えたい考えだ。

 ユー・ウェイ社長は、「日本のシェア1位になれるよう力を入れたい」と意気込んでいる。


関連キーワード: エネルギー 風力発電

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR北海道 小樽、ニセコにホテルを計画
2019年07月23日 (2,300)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,063)
新さっぽろ駅周辺地区 G・I街区の開発始まる
2019年08月08日 (1,833)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (1,463)
札幌都心部でホテルの建設加速 19年上半期に9件
2019年07月30日 (1,397)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第165回は「のどの渇きと湿度」。体 温が下がらず余計に汗が出るため、湿 度が高いと喉が渇きやすくなります。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。