海外資本の道内森林取得 18年度は28件、166ha

2019年06月03日 18時00分

 道水産林務部は、海外の法人・個人による道内の森林取得状況をまとめた。2018年1―12月に道内で確認したものは28件で、合計面積は166haだった。17年に比べると28件減少したが、面積は46ha増加した。最も広いものは、シンガポールの外資系企業が宿泊施設などの建設を目的に取得した倶知安町内の42haだった。

 道は、海外資本による道内の森林取得状況を集計し、12年から毎年公表している。18年の取得状況は、居住地が海外にある法人・個人によるものが21件、108ha、国内の外資系企業によるものが7件、58ha。

 取得者を国別で見ると、中国が13件(うち香港11件、マカオ1件)と最多。カナダとタイが3件、シンガポール、英領ヴァージン諸島、オーストラリア、スペインがそれぞれ2件などとなる。利用目的は資産保有や別荘用地、太陽光発電など。

 地域別では国際的にリゾート地として有名なニセコ地域を中心に取引が集中している。倶知安町内の取得は、6件で79haと全体の半数近くを占めた。後志管内では同町のほか蘭越町、ニセコ町でも取得があった。後志以外では、洞爺湖町や広尾町などで確認されているほか、初山別村では資産保有目的で香港居住の個人が34ha取得した。

 これで18年12月末時点の累計は181件、2725haとなった。


関連キーワード: 北海道庁

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (1,863)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,414)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,310)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,100)
コロナ禍でも工事を継続 道内地場ゼネコン
2020年04月28日 (933)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。