海外資本の道内森林取得 18年度は28件、166ha

2019年06月03日 18時00分

 道水産林務部は、海外の法人・個人による道内の森林取得状況をまとめた。2018年1―12月に道内で確認したものは28件で、合計面積は166haだった。17年に比べると28件減少したが、面積は46ha増加した。最も広いものは、シンガポールの外資系企業が宿泊施設などの建設を目的に取得した倶知安町内の42haだった。

 道は、海外資本による道内の森林取得状況を集計し、12年から毎年公表している。18年の取得状況は、居住地が海外にある法人・個人によるものが21件、108ha、国内の外資系企業によるものが7件、58ha。

 取得者を国別で見ると、中国が13件(うち香港11件、マカオ1件)と最多。カナダとタイが3件、シンガポール、英領ヴァージン諸島、オーストラリア、スペインがそれぞれ2件などとなる。利用目的は資産保有や別荘用地、太陽光発電など。

 地域別では国際的にリゾート地として有名なニセコ地域を中心に取引が集中している。倶知安町内の取得は、6件で79haと全体の半数近くを占めた。後志管内では同町のほか蘭越町、ニセコ町でも取得があった。後志以外では、洞爺湖町や広尾町などで確認されているほか、初山別村では資産保有目的で香港居住の個人が34ha取得した。

 これで18年12月末時点の累計は181件、2725haとなった。


関連キーワード: 北海道庁

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 古垣建設
  • web企画
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (5,200)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,384)
地下鉄駅中心に半径400m 札幌市の中島公園周辺整備構想
2019年06月28日 (2,178)
札幌・発寒にスポーツ用品店 アルペンが入居
2019年06月24日 (1,904)
札幌・月寒東に延べ3.2万m²の日本医療大
2019年05月29日 (1,628)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第163回は「Jカーブ効果」。お酒を 全く飲まない人やたくさん飲む人より 少量を飲む人の健康リスクが低くなる 場合があります。

連載 ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流new

ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流
開発の波が訪れつつある色丹島の状況を報告します。