貯木場跡を埋め立て中央北ふ頭で新ふ頭整備 苫小牧西港

2019年06月05日 12時00分

 室蘭開建は9月にも、苫小牧港西港区真古舞地区中央北ふ頭で、新ふ頭整備に着工する。中央北水面貯木場跡を埋め立て、バースなどを整備する計画。施工期間は4カ年、総事業費は65億円を見込む。初弾工事を8月ごろに公告する予定だ。

 中央北ふ頭は常に混雑し、輸送効率が悪い。1㌔北側にある倉庫群へ貨物を搬入するにも、勇払ふ頭などから5㌔の陸路運搬が必要な状況だ。

 このため、多目的バースの機能を備えた新ふ頭を整備し、2017年度には年間約8000時間に上っていた停船時間の短縮や荷役の効率化、物流の改善につなげる。

 埋め立てるのは、苫小牧市晴海町46地先公有水面のうち2万1698m²。輸入原木の貯木場として利用されていたが、原木需要が減少し、1992年から利用されていなかった。

 新ふ頭全体の面積は4万6248m²、岸壁の延長は約255mで計画。工事は、まず航路側を締め切る形でケーソンを据え付け、その後、陸側を埋め立てて港湾施設用地を整備していく。

 19年度は約6億円を予算措置し、ケーソン製作と据え付けを2件程度に分けて発注する予定。20年度から埋め立てを予定する。21年度には単年度で水深12mの泊地整備にも取り組む。

 並行して港湾管理者の苫小牧港管理組合も道路整備などを進める。

 23年度の供用開始を目指している。


関連キーワード: 国交省 港湾 胆振

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • 川崎建設
  • オノデラ
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅の新幹線ホームイメージ 札幌市が公表
2019年09月21日 (4,257)
札幌・南2西3南西地区再開発 23年4月開業へ工事着手
2019年10月02日 (2,235)
上空をデッキで接続検討 北5東1街区と北5西1・2
2019年10月01日 (2,081)
大和ハウス 札幌・円山の中古マンションをホテルに改修
2019年09月17日 (1,901)
カレスサッポロ 札幌・北4西18の複合施設に着工
2019年10月07日 (1,566)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第168回は「カロリーと肥満」。同じ カロリーでも、たんぱく質を多く含む 食べ物は肥満になりにくいです。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。