貯木場跡を埋め立て中央北ふ頭で新ふ頭整備 苫小牧西港

2019年06月05日 12時00分

 室蘭開建は9月にも、苫小牧港西港区真古舞地区中央北ふ頭で、新ふ頭整備に着工する。中央北水面貯木場跡を埋め立て、バースなどを整備する計画。施工期間は4カ年、総事業費は65億円を見込む。初弾工事を8月ごろに公告する予定だ。

 中央北ふ頭は常に混雑し、輸送効率が悪い。1㌔北側にある倉庫群へ貨物を搬入するにも、勇払ふ頭などから5㌔の陸路運搬が必要な状況だ。

 このため、多目的バースの機能を備えた新ふ頭を整備し、2017年度には年間約8000時間に上っていた停船時間の短縮や荷役の効率化、物流の改善につなげる。

 埋め立てるのは、苫小牧市晴海町46地先公有水面のうち2万1698m²。輸入原木の貯木場として利用されていたが、原木需要が減少し、1992年から利用されていなかった。

 新ふ頭全体の面積は4万6248m²、岸壁の延長は約255mで計画。工事は、まず航路側を締め切る形でケーソンを据え付け、その後、陸側を埋め立てて港湾施設用地を整備していく。

 19年度は約6億円を予算措置し、ケーソン製作と据え付けを2件程度に分けて発注する予定。20年度から埋め立てを予定する。21年度には単年度で水深12mの泊地整備にも取り組む。

 並行して港湾管理者の苫小牧港管理組合も道路整備などを進める。

 23年度の供用開始を目指している。


関連キーワード: 国交省 港湾 胆振

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

再開発マップ(札幌版)
  • オノデラ
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ダクタイル鋳鉄管データ不正 十勝管内にも影響...
2022年01月14日 (5,434)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,513)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (3,373)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (3,207)
冬季は除雪オペレーター 谷組が女性従業員3人を通年...
2022年01月16日 (2,712)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第223回は「感染第6波」。ワクチンの追加接種が広がるまで、対策徹底を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第16回「吉祥文様で良い一年を」。縁起の良い模様に背中を押してもらうのはどうでしょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第15回「事業拡大と補助者制度」自分以外でもできる仕事を人に任せながら、事業拡大について考えています。