貯木場跡を埋め立て中央北ふ頭で新ふ頭整備 苫小牧西港

2019年06月05日 12時00分

 室蘭開建は9月にも、苫小牧港西港区真古舞地区中央北ふ頭で、新ふ頭整備に着工する。中央北水面貯木場跡を埋め立て、バースなどを整備する計画。施工期間は4カ年、総事業費は65億円を見込む。初弾工事を8月ごろに公告する予定だ。

 中央北ふ頭は常に混雑し、輸送効率が悪い。1㌔北側にある倉庫群へ貨物を搬入するにも、勇払ふ頭などから5㌔の陸路運搬が必要な状況だ。

 このため、多目的バースの機能を備えた新ふ頭を整備し、2017年度には年間約8000時間に上っていた停船時間の短縮や荷役の効率化、物流の改善につなげる。

 埋め立てるのは、苫小牧市晴海町46地先公有水面のうち2万1698m²。輸入原木の貯木場として利用されていたが、原木需要が減少し、1992年から利用されていなかった。

 新ふ頭全体の面積は4万6248m²、岸壁の延長は約255mで計画。工事は、まず航路側を締め切る形でケーソンを据え付け、その後、陸側を埋め立てて港湾施設用地を整備していく。

 19年度は約6億円を予算措置し、ケーソン製作と据え付けを2件程度に分けて発注する予定。20年度から埋め立てを予定する。21年度には単年度で水深12mの泊地整備にも取り組む。

 並行して港湾管理者の苫小牧港管理組合も道路整備などを進める。

 23年度の供用開始を目指している。


関連キーワード: 国交省 港湾 胆振

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 川崎建設
  • 東宏
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (5,195)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,386)
地下鉄駅中心に半径400m 札幌市の中島公園周辺整備構想
2019年06月28日 (2,176)
札幌・発寒にスポーツ用品店 アルペンが入居
2019年06月24日 (1,902)
札幌・月寒東に延べ3.2万m²の日本医療大
2019年05月29日 (1,630)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第163回は「Jカーブ効果」。お酒を 全く飲まない人やたくさん飲む人より 少量を飲む人の健康リスクが低くなる 場合があります。

連載 ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流new

ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流
開発の波が訪れつつある色丹島の状況を報告します。