旭山動物園で高低差計測 上川調査設計協会がボランティア

2019年06月10日 16時00分

 上川調査設計協会(千葉新次会長)は3日、「測量の日」推進事業として旭山動物園整備測量ボランティアを実施した。会員各社から49人が参加して2班に分かれ、測量班は新施設整備予定地の高低差を計測し、塗装班は園内農園周辺の手すりを塗り替えて、来園者を迎える環境改善に貢献した。

 同協会は毎年、測量の日に合わせて会員一同で取り組む大規模な地域貢献活動を企画・実施しており、今回は旭川市と協議し旭山動物園の新施設と既存施設の整備に協力することとした。

 竹林恭介副会長は参加者を前に、「市民や市外から来る人たちが気持ちよく過ごせるよう作業を進めよう」とあいさつし、一行は開園前に作業を開始した。

東門近くの高低差がある通路で測量ボランティアを展開した

 測量班は、エゾユキウサギの放飼場とキタキツネの動物舎を整備予定の東門から園内中央に延びるつづら折りの通路で、実施設計の基礎データとして延長や勾配を3Dレーザースキャナー2台、GNSS測量機1台、オートレベル1台を投入し計測。塗装班は、ほっきょくぐま館裏のさびが浮いた手すり約70mを丁寧に塗り直し景観美化に努めた。

 坂東元園長は「手すり横の農園はホタルと育った米がテーマで、来園者の興味を引いている。来園者が心地よく見学する環境に変わった」と感謝を述べた。

(北海道建設新聞2019年6月5日付10面より)


関連キーワード: 上川 測量

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 日本仮設
  • 川崎建設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (2,303)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,520)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,458)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (1,106)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,002)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。