屋内多目的運動場の20年8月末の完成目指す 美幌町

2019年06月06日 15時00分

 美幌町は、ゲートボールやフットサルなど複数のスポーツに対応した屋内多目的運動場新築を主体、電気、設備の3分割で早ければ7月にも指名する考えだ。18日開会の定例町議会で2019、20年度の2カ年の債務負担行為を設定し、19年度施工分の工事費約8000万円を補正する見通し。8月の臨時議会で契約承認を得て9月に着工する予定で、20年8月末の完成を目指す。総工費としては約6億9000万円を積み上げている。

 町は屋内運動場としてスポーツセンター(S一部RC造、2階、延べ2022m²)と、これに併設するトレーニングセンター(S一部RC造、2階、延べ1058m²)を既に有するが、冬季に屋外競技の練習場を確保するため、スポーツセンターのサブアリーナとして単独整備して利用者の拡大を図る。

 建設地は現施設の北側となる西1条南5丁目3の柏ケ丘公園内敷地約4000m²。規模はRC一部S造、2階、延べ1823m²で計画している。基本・実施設計はサン設計が担当した。

 階層計画では、1階にゲートボールやフットサル、テニス、野球の練習やペタンクなどができる人工芝のアリーナを設置。2階は中央を吹き抜け、外周を回廊状のランニングコースとするほか、壁面にボルダリングウォールを設ける。

 建設費は概算で、主体が5億6800万円、電気が5600万円、機械が6900万円。施工監理は1700万円となっている。

 本体工事関連は主体、電気、機械、施工監理の4つに分け、それぞれ2カ年の債務負担行為を設定。19年度は主体に5780万円、電気に1700万円、機械に600万円を措置するほか、施工監理費200万円を計上する。

 20年度の支払限度額としては、主体に5億1000万円、電気に3900万円、機械に6300万円、施工監理に1500万円を設定する見通しだ。


関連キーワード: オホーツク スポーツ

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,194)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,389)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,970)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,811)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,176)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。