砂川市庁舎月内にも公告 総事業費44億円見込む

2019年06月12日 07時00分

 砂川市は、ことし8月に着工する市役所庁舎建設について、早ければ6月中にも一般競争で公告する予定だ。市は、17日に開会する第2回定例市議会に庁舎建設の着工費を補正予算案として提出する。可決次第、公告となる見通しだが、現段階では参加要件の設定や、工種ごとの分割発注などは流動的な部分を残している。市としては8月の着工、2021年3月の完成を目指し、総事業費には44億円を見込んでいる。

 市は、1970年建設で老朽化が進み、バリアフリーにも対応していないことから、現庁舎の改築を計画。建設地は、西7条北2丁目にある市立病院の職員駐車場として利用されている敷地。基本・実施設計は大建設計が担当した。

 市が公表した実施設計概要によると、新庁舎の規模はS造、地下1地上4階塔屋1階、延べ5932平方㍍ある。基本設計の時点より172平方㍍増床した。正面玄関は北側に設置し、駐車場は新庁舎の北側のほか、現庁舎解体後の跡地にも設ける。一般車、公用車など合わせて335台分を確保する。

 このほか、バリアフリー対応のため、エレベーターを2基設置し、環境負荷低減・省エネルギーのため、地中熱ヒートポンプを設置する。

 概算事業費は、建設費に36億200万円、外構に9600万円、旧庁舎解体・駐車場整備などに2億3000万円、その他の経費に5億3100万円の計44億5900万円となっている。

 市は、ことし8月にも新庁舎建設に着工し、完成は20年度末、供用開始は21年5月ごろを予定。その後、現庁舎を解体し、22年には駐車場の造成を進める見通しだ。


関連キーワード: 庁舎 建築 空知

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 東宏
  • 日本仮設
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR北海道 小樽、ニセコにホテルを計画
2019年07月23日 (2,371)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,060)
新さっぽろ駅周辺地区 G・I街区の開発始まる
2019年08月08日 (1,832)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (1,464)
札幌都心部でホテルの建設加速 19年上半期に9件
2019年07月30日 (1,396)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第165回は「のどの渇きと湿度」。体 温が下がらず余計に汗が出るため、湿 度が高いと喉が渇きやすくなります。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。