未来を担う ワカモノの思い…

未来を担うワカモノの思い 玉造 諸沢宅哉さん

2019年06月13日 09時00分

段取りの良さ生かし奮闘

諸沢宅哉(もろさわ たくや)さん

 恵庭と釧路に工場を構え、建築鉄骨の柱・梁部材や橋梁部材などの鋼板溶断加工を手掛ける玉造(本社・札幌)に入社して5年目。

 1996年2月2日生まれの23歳。現在は恵庭の第2工場でNCガス溶断オペレーターとして、日々奮闘している。

 「段取りの良さは諸沢君の特長」と話すのは恵庭工場全体を統括する辻村真喜工場長。鋼板を切断するトーチを調整し、機械の稼働中はスクラップ(端材)を切断したり、鋼板の端部に色別表示を記すなど、仕事に無駄がなく常に動いている。

 高校の進路選考時、求人案内で同社と出会った。金属製品加工のシャーリング業は未知の世界。重労働ではといった一抹の不安があったが、思い切って門をたたいた。

 アセチレンガスやプロパンガスと酸素を用いて、熱によって鋼板を注文通りに切断する。3300度の超高熱を相手にするだけに、一瞬も気は緩められない。あこがれの先輩の背中を見て、仕事の段取りや安全作業について理解を深めた。

 自身が手掛けた切り板は、さっぽろ創世スクエアや新国立競技場で使われた。著名な建築物に携われることが次の仕事の原動力になっている。

 玉掛け、ガス溶接、クレーン運転士の資格を持つ。最近は日常扱う機械のメンテナンスがすぐにできるよう、電気工事士を目標にしている。「ガス溶断で分からないことは何でも諸沢に聞け―と言われる存在になりたい」と話している。


未来を担う ワカモノの思い… 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR北海道 小樽、ニセコにホテルを計画
2019年07月23日 (2,371)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,060)
新さっぽろ駅周辺地区 G・I街区の開発始まる
2019年08月08日 (1,832)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (1,464)
札幌都心部でホテルの建設加速 19年上半期に9件
2019年07月30日 (1,396)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第165回は「のどの渇きと湿度」。体 温が下がらず余計に汗が出るため、湿 度が高いと喉が渇きやすくなります。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。