未来を担う ワカモノの思い…

未来を担うワカモノの思い 玉造 諸沢宅哉さん

2019年06月13日 09時00分

段取りの良さ生かし奮闘

諸沢宅哉(もろさわ たくや)さん

 恵庭と釧路に工場を構え、建築鉄骨の柱・梁部材や橋梁部材などの鋼板溶断加工を手掛ける玉造(本社・札幌)に入社して5年目。

 1996年2月2日生まれの23歳。現在は恵庭の第2工場でNCガス溶断オペレーターとして、日々奮闘している。

 「段取りの良さは諸沢君の特長」と話すのは恵庭工場全体を統括する辻村真喜工場長。鋼板を切断するトーチを調整し、機械の稼働中はスクラップ(端材)を切断したり、鋼板の端部に色別表示を記すなど、仕事に無駄がなく常に動いている。

 高校の進路選考時、求人案内で同社と出会った。金属製品加工のシャーリング業は未知の世界。重労働ではといった一抹の不安があったが、思い切って門をたたいた。

 アセチレンガスやプロパンガスと酸素を用いて、熱によって鋼板を注文通りに切断する。3300度の超高熱を相手にするだけに、一瞬も気は緩められない。あこがれの先輩の背中を見て、仕事の段取りや安全作業について理解を深めた。

 自身が手掛けた切り板は、さっぽろ創世スクエアや新国立競技場で使われた。著名な建築物に携われることが次の仕事の原動力になっている。

 玉掛け、ガス溶接、クレーン運転士の資格を持つ。最近は日常扱う機械のメンテナンスがすぐにできるよう、電気工事士を目標にしている。「ガス溶断で分からないことは何でも諸沢に聞け―と言われる存在になりたい」と話している。


未来を担う ワカモノの思い… 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinマップ クマ情報特設ページ
  • オノデラ
  • web企画
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,552)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (2,284)
道新幹線札幌延伸都心部 明かり部に今秋着工...
2021年07月21日 (2,095)
道横断道網走線足寄―陸別間31kmが事業再開へ...
2021年07月02日 (1,615)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,454)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第212回は「降圧薬と熱中症」。降圧利尿薬の場合、脱水リスクが高くなります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第10回「キッチンとコンパクトなバルコニー」。ごみの保管場所など、暮らしの導線を考えることもインテリアの基本です。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第8回「コロナ禍とテレワーク」ウェブ会議にも対面コミュニケーションにも、それぞれのメリットがあります。