新庁舎の実施設計費など補正 富良野市

2019年06月14日 15時00分

 富良野市は、10日に開会した6月定例市議会に総額2億838万6000円を追加する補正予算案を提出した。新庁舎建て替え実施設計の関連で9242万3000円を盛り込み、9月にも発注する方針だ。農村環境改善センター改修には300万円を計上した。簡易水道事業では、島の下導水管移設に2000万円を充てた。

 新庁舎実施設計は、2019、20年度の2カ年継続費として総額1億4500万円を求める。年割り額は、19年度に7850万円、20年度6650万円となっている。市がまとめた基本計画では、既存庁舎を残したまま、新庁舎を敷地北側に建設する計画。文化会館も合築し、規模はRC造、4階、延べ8200m²を想定する。

 基本計画・基本設計は昨年8月に公募型プロポーザルで決まった北海道日建設計が進めて、7月末までに出来上がる。パブリックコメントを実施してから、早ければ9月に実施設計を発注し、着手したい考えだ。発注方法については現在検討している。着工は20年度が見込まれる。

 農業農村改善センター改修は、ロビー床張り替えに300万円を計上。簡易水道事業では、島の下導水管移設に2000万円を投じ、民有地に埋設している導水管109mを撤去し、市有地への移設によって水源確保に努める。

 2019年6月14日付の北海道建設新聞14面では、富良野市の補正予算に盛り込まれた建設業関連事業の一覧を、箇所付けで掲載しています。


関連キーワード: 上川 庁舎

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 東宏
  • web企画
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (2,022)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,494)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,467)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (1,125)
コロナ禍もニセコのホテル工事続く
2020年06月01日 (985)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。