札幌市が20年度予算重点要望案を明らかに

2019年06月14日 18時00分

 札幌市は、国などに対する2020年度予算の重点要望案を明らかにした。新規項目として地震被害からの復旧と防災対策の推進、介護基盤の充実に対する支援を盛り込んだ。国家予算に対する提案(白本提案)の素案では、新たに下水道施設の浸水対策など国土強靱(きょうじん)化に関する事業費の財源確保を求める。

 13日の市議会大都市税財政制度・災害対策調査特別委員会に報告した。

 重点要望は、北海道胆振東部地震被害の早期復旧や防災対策を新規項目として追加。市独自で展開する民間施設への非常用電源設置補助は、国による制度化など支援策の拡充を求める。

 このほか、ロボットや人工知能など先端技術を活用するsociety5・0の実現、介護基盤充実を新たに盛り込んだ。

 要望項目の拡充では、国土強靱化支援で、国が打ち出した防災・減災、国土強靱化の3カ年緊急対策を背景に、災害に強いインフラや公共施設づくりに向けて財政支援を要請する。

 冬季五輪・パラリンピック招致は、30年大会の目標を明確化。競技人口の少ない施設については国による運営、再整備といった支援を打ち出した。

 北海道新幹線の早期完成、都心アクセス道路の早期実現などは引き続き支援を求める。重点要望は22日の委員会で確定後、中央要望に活用する。


関連キーワード: さっぽろ圏

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 古垣建設
  • 川崎建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (1,859)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,411)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,309)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,100)
コロナ禍でも工事を継続 道内地場ゼネコン
2020年04月28日 (930)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。