旭川市が特定空き家を緊急安全措置で解体

2019年06月19日 15時00分

 旭川市は、略式代執行で解体する予定だった6条通17丁目82の2に位置する特定空き家について、早急に安全措置を講じる必要があることから、旭川市空き家等の適正管理に関する条例に基づき、緊急安全措置を実施することにした。略式代執行に比べ1カ月早く解体することができ、6月下旬の着工を目指している。

 17日の旭川市議会建設公営企業常任委員会で太田誠二建築部長、本間宏明建築部次長が説明した。

 建物は1963年以前に建てられ、W造、平屋、延べ52m²の規模。2019年3月、屋根が積雪に耐えられず、建物の一部が崩壊した。今後、さらに倒壊する危険性が高く、歩行者の安全が確保できない状況となっている。

 所有者は故人で、建物所有に関しては法定相続人全員が相続を放棄していることから、市は略式代執行による解体を計画していた。

 しかし、空き家特措法に基づき、現地で応急危険度判定を実施したところ、建物の構造躯体がより危険な状態であることが判明。付属機関の空き家等対策協議会から意見聴取した結果、緊急性を要する案件に対応可能な緊急安全措置として解体することを決めた。

 市は、近く解体業務を発注し、6月下旬にも着工したい考え。解体材は飛散防止措置を講じた上で、敷地内に保管する。費用は当初予算に盛り込んだ空き家等総合対策緊急安全措置費58万8000円の範囲内で対応する。


関連キーワード: 建築 解体

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 古垣建設
  • イイファス
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (5,200)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,384)
地下鉄駅中心に半径400m 札幌市の中島公園周辺整備構想
2019年06月28日 (2,178)
札幌・発寒にスポーツ用品店 アルペンが入居
2019年06月24日 (1,904)
札幌・月寒東に延べ3.2万m²の日本医療大
2019年05月29日 (1,628)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第163回は「Jカーブ効果」。お酒を 全く飲まない人やたくさん飲む人より 少量を飲む人の健康リスクが低くなる 場合があります。

連載 ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流new

ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流
開発の波が訪れつつある色丹島の状況を報告します。