旭川市が特定空き家を緊急安全措置で解体

2019年06月19日 15時00分

 旭川市は、略式代執行で解体する予定だった6条通17丁目82の2に位置する特定空き家について、早急に安全措置を講じる必要があることから、旭川市空き家等の適正管理に関する条例に基づき、緊急安全措置を実施することにした。略式代執行に比べ1カ月早く解体することができ、6月下旬の着工を目指している。

 17日の旭川市議会建設公営企業常任委員会で太田誠二建築部長、本間宏明建築部次長が説明した。

 建物は1963年以前に建てられ、W造、平屋、延べ52m²の規模。2019年3月、屋根が積雪に耐えられず、建物の一部が崩壊した。今後、さらに倒壊する危険性が高く、歩行者の安全が確保できない状況となっている。

 所有者は故人で、建物所有に関しては法定相続人全員が相続を放棄していることから、市は略式代執行による解体を計画していた。

 しかし、空き家特措法に基づき、現地で応急危険度判定を実施したところ、建物の構造躯体がより危険な状態であることが判明。付属機関の空き家等対策協議会から意見聴取した結果、緊急性を要する案件に対応可能な緊急安全措置として解体することを決めた。

 市は、近く解体業務を発注し、6月下旬にも着工したい考え。解体材は飛散防止措置を講じた上で、敷地内に保管する。費用は当初予算に盛り込んだ空き家等総合対策緊急安全措置費58万8000円の範囲内で対応する。


関連キーワード: 建築 解体

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (3,775)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,400)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,918)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,770)
明治、札幌工場敷地1.3万m²を売却へ 恵庭に新工場
2020年07月03日 (1,346)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。