ヤマチコーポレーションがホームステージング事業開始

2019年06月20日 12時00分

インテリアコーディネートで付加価値 物件を早く高く売却

 ヤマチコーポレーション(本社・札幌)建材事業部は、中古のマンションや戸建てなどにインテリアコーディネートを加え、買い手の注目を集めることで売却を促すホームステージング事業を始めた。「cocochi(ココチ)」のブランド名で、エンドユーザーの満足度を高めるインテリア空間を提案。売却元の予算に合わせたプランを用意し、物件を早く高く売却できる手法として道内不動産会社から多数の依頼を受けている。

ココチによる空間施工例

 ホームステージングは、家具や照明、雑貨などのインテリア商材を売却予定物件に飾り、空間を魅力的に見せることで物件を早く高く売ろうとする手法。売却期間を短縮でき、不動産情報の媒体でも目に付きやすいなどの特長を持つ。

 昨年11月から、ホームステージング事業に参入。もともとオリジナル建材などで道内の工務店やハウスメーカーと取り引きがあり、その一環でインテリアコーディネートのアウトソーシングパックを提供しようと考えた。サービス提携として、不動産業界向けソリューションのアモルフィ(本社・札幌)が営業支援を担っている。

 不動産会社による買い取り再販や賃貸の物件に対し、付加価値を高める手法として活用を見込む。店舗の新規開業や民泊物件、モデルルーム、ウイークリーマンションにも有効とみている。

 物件を抱える不動産会社にとっては、見栄えの良い物件写真を媒体に載せることで、内覧率のアップが期待できる。照明や家具などが置かれた状態なので生活のイメージが湧きやすく、世代や好みなど狙い通りの顧客をつかみやすいのも特長だ。

 依頼から1週間以内に予算などを打ち合わせし、現地調査や見積りを踏まえて家具や照明、ラグなどを納入。20畳ほどのリビングダイニング空間なら2―3時間で設置を終えられる。その後、空間の写真を撮影し、全ての作業が完了となる。

 家具や照明のほか、壁紙や床材を多数用意。時間と予算に余裕のある場合は、リノベーションを兼ねた部屋のトータルコーディネーションに発展させることも可能だ。

 ホームステージング費用をどの経費で考えるかは、質問が多いところだという。同社は「固定費と考えると物件の仕入れ費としては上がってしまうが、在庫コスト費として考えれば手離れの良さから管理費や修繕積立金、広告宣伝費の圧縮につなげられる」と説明する。

 24日には、ホームステージング事業をはじめ不動産マーケティングの最新事情を学べるセミナーを開催する。LIFULL(本社・東京)との共同主催で、なかなか聞くことのできない納品事例の紹介を予定。会場は北一条山地ビル2階のヤマチコーポレーションセミナールーム。3部構成で、午前と午後の2回実施する。参加無料、各回定員30人で、席はまだ若干余裕がある。

 問い合わせは建材事業部、電話011(261)9955まで。


関連キーワード: 不動産 住宅

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 川崎建設
  • イイファス
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (2,056)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,387)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,382)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,009)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (988)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。