札幌CC マレーシアのゴルフ場との提携拡大

2019年06月20日 19時00分

 ゴルフ場運営の札幌カントリー倶楽部(本社・札幌)が、マレーシアのゴルフ場との提携を拡大している。会員は提携ゴルフ場を優待料金で利用でき、相互の誘客効果が見込める。日本国内のゴルフ人口が減少する中、インバウンド客の獲得と、会員向けサービス向上の〝一挙両得〟を狙う。

 札幌カントリーは現在マレーシアの有名ゴルフ場14カ所と提携し、会員同士の相互利用、会員対抗戦の開催などで交流を続けている。優待料金は、施設によっては一般ビジター料金の半額前後になる。

 2020年に同国の9カ所と新たに契約し、提携先を計23カ所とする。この中には、通常は会員以外プレーできない高級コースもあるという。

 山崎繁樹社長によると、マレーシアのゴルフ場は戦略性に富み、優待サービスはクラブ会員から評価が高い。また、同国のゴルフ愛好家は「アジア諸国の中でもプレーマナーが抜群に良く、当コースに来ても会員とのトラブルがない」。

 札幌カントリーの会員組織は横山清アークス社長が理事長を務め、約5400人で構成する。外国のゴルフ事情に詳しい幹部会員が運営会社に提案し、2014年、海外ゴルフ場として初めてマレーシアの「ケラブ・ラーマン・プトラ」との提携が実現した。

 その後、施設の増加とともに会員同士の往来が拡大。18年には延べ300人がマレーシアから札幌カントリーを訪れた。同社会員は200人前後が渡航したという。

マレーシアのゴルフクラブ会員と対抗戦(2018年9月、札幌市内)

 フライトや宿泊の手配は主に、協力関係にあるマレーシアの日系旅行会社「YOKOSO TRAVEL(ようこそトラベル)」がサポートしている。

 予定を含む提携23施設の会員総数は延べ6万5000人に上る。今後は北海道観光の魅力と合わせてコースをPRし、近い将来、マレーシアからの入場客を年間1000人に増やす考えだ。

 札幌カントリー倶楽部は1974年設立で、現在札幌市内に3コース、計81ホールを構える。バブル崩壊などを受けて過去に2度経営破綻し、13年から北陸銀行出身の山崎社長が経営再建に当たっている。

 かつての低コスト路線から、コース整備に積極投資するなど会員満足度を高める方向に転換し、最近の業績は回復傾向にある。18年の入場客数は約14万人で、13年との比較で約2万人増えた。今シーズンは予約状況から15万人超えを見込んでいる。

 山崎社長は「マレーシア人はクラブ対抗戦をやれば30―50人の団体で来道し、4―5泊してくれる。中には実業家もいて、ビジネスへの波及が期待できる。北海道の活性化のためにも彼らとの交流を深めたい」と語っている。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 古垣建設
  • web企画
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,251)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,220)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,383)
帯広中心部の空洞化懸念 藤丸百貨店閉店に危機感
2022年11月11日 (1,958)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (1,782)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。