道内労働力が30年に26万人の不足 道経連試算

2019年06月23日 09時00分

 北海道経済連合会は20日、本道の労働力が2030年に26万人分不足するとの労働市場分析を発表した。実質道内総生産(GDP)を15年の水準で保つことを前提に試算。対策として、都市部での就業率アップ、ICT活用などによる生産性の向上を提言している。

 分析によると、近年の人口減がこのまま続いた場合、30年の本道就業者は209万7000人と、15年と比べて33万8000人減る。実質GDPは15年の18兆2000億円から16兆2000億円へと2兆円縮小。15年のGDPを30年に実現するためには就業者が235・7万人必要だが、予測では209・7万人と大幅に不足する。

 足りない26万人分を確保するため、札幌、函館、旭川など道内6都市での就業者数増加を提言。本道では地方部の就業率は全国平均を上回る一方、6都市では全国を下回り、特に女性や高齢者などに働いてもらう余地が大きい。都市部で労働環境の多様化などを進めた場合には16万9000人の就労者増が期待できるとした。

 それでも不足する9万1000人分については、就労者1人当たりの労働生産性を高めることでカバーしなければならないと指摘。分析では、本道の1人当たり労働生産性は01年から15年まで年平均0・22%向上してきたとし、この成長率を0・48%に高める必要があると結論づけた。

 生産性を高めるための方法として、作業の機械化、ICTによる省力化などを挙げた。ICT分野を担う人材の育成も重要とした。

 このほか外国人材の受け入れ拡大に言及。ことし4月にできた「特定技能制度」によって、今後1万2000人程度の人材確保が見込まれるとしている。

(北海道建設新聞2019年6月21日付の2面より)


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • 川崎建設
  • オノデラ
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅の新幹線ホームイメージ 札幌市が公表
2019年09月21日 (4,368)
札幌・南2西3南西地区再開発 23年4月開業へ工事着手
2019年10月02日 (2,306)
上空をデッキで接続検討 北5東1街区と北5西1・2
2019年10月01日 (2,143)
大和ハウス 札幌・円山の中古マンションをホテルに改修
2019年09月17日 (1,944)
カレスサッポロ 札幌・北4西18の複合施設に着工
2019年10月07日 (1,616)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第168回は「カロリーと肥満」。同じ カロリーでも、たんぱく質を多く含む 食べ物は肥満になりにくいです。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。