道内災復事業費、18年度は742億円 道財務局まとめ

2019年06月24日 09時00分

 北海道財務局がまとめた2018年の国庫補助対象となる災害復旧事業費は、過去30年間で2番目に多い742億4000万円だった。16年の約782億円に次ぐ規模。北海道胆振東部地震に対する補助が8割以上を占め、大規模な地滑りのあった厚真川水系や18年7月豪雨の対応などで河川に317億400万円が充てられている。

 道や市町村など地方公共団体の災害査定申請に基づいて集計したもので、北海道開発局などが実施する直轄での災復事業は含まれていない。

 総額のうち、85.2%に当たる632億7200万円が胆振東部地震によるもの。続いて豪雨が11.1%の82億6100万円、台風が2.5%の18億8300万円となり、18年7月豪雨や9月の台風被害が大半だった。

 施設別では公共土木施設が561億7900万円で7割強を占める。農地・農業用施設が32億4500万円、林道施設28億2600万円、林地荒廃防止施設が21億3600万円、学校・上水道などその他が98億5500万円という内訳だ。

 公共土木施設のうち河川が317億400万円で厚真川、日高幌内川、チケッペ川など地震で土砂が流入した2級河川の復旧が中心。そのほか道路には147億4200万円、橋梁19億7100万円、下水道35億6700万円などとなった。

 地域別では厚真、安平、むかわの被災3町のある胆振管内が約8割の571億4600万円に達した。続く石狩管内が55億2100万円、7月豪雨によりペーパン川が氾濫した上川が51億400万円、日高が22億4300万円、湧別川で橋梁沈下が発生したオホーツクが14億7400万円などとなっている。


関連キーワード: 胆振東部地震

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (5,200)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,384)
地下鉄駅中心に半径400m 札幌市の中島公園周辺整備構想
2019年06月28日 (2,178)
札幌・発寒にスポーツ用品店 アルペンが入居
2019年06月24日 (1,904)
札幌・月寒東に延べ3.2万m²の日本医療大
2019年05月29日 (1,628)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第163回は「Jカーブ効果」。お酒を 全く飲まない人やたくさん飲む人より 少量を飲む人の健康リスクが低くなる 場合があります。

連載 ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流new

ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流
開発の波が訪れつつある色丹島の状況を報告します。