南幌町に太陽電池リサイクルの実験施設

2019年06月26日 07時00分

 総合化学メーカーのトクヤマ(東京都千代田区外神田1丁目7の5、横田浩社長)は、南幌町内で太陽電池モジュールのリサイクル事業に向けた実験施設を建設すると発表した。7月の着工、年内の完成を予定する。2021年度に触媒使用によるリサイクル技術を構築し、23年度の事業化を目指している。

 同社は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募していた太陽光発電システム長期安定電源化基盤技術開発に関する事業に採択されたため、触媒を使用して廃棄された太陽電池モジュールの部品をリサイクルする技術開発に乗り出す。

 実験施設は、南幌町南15線西22にある南幌工業団地の敷地3300m²を建設地として選定。太陽電池モジュールの約8割はガラスが占めることから、同じ団地内にあるJWガラスリサイクル(本社・東京)の南幌工場と連携できるとし、決めた。新施設の規模や施工業者は未定としている。

 トクヤマによると「北海道で太陽電池モジュールのリサイクル専用施設はまだない」と説明する。技術が確立されれば、本道を拠点に事業化を進める考えを持っているという。

 南幌町での道外企業の進出は石材卸などを展開するいずみ産業(本社・千葉県我孫子市)に次いで20年ぶり。

 同町担当者は「実証実験がうまくいけば研究施設を増築し、本格的に事業を展開すると聞いている。そうなれば雇用も生まれるのでは」と期待を寄せる。

 固定価格買い取り制度(FIT)の開始とともに急拡大した太陽光発電事業では、FIT以前の設備と合わせた導入量が18年9月時点で7730万㌔㍗に達した。国は19年度、買い取り期間の終了に伴い、将来的に膨大な発電設備が大量に廃棄されることを見据え、処分費用の積み立てに向けた制度設計に着手している。


関連キーワード: エネルギー 建築 空知

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅の新幹線ホームイメージ 札幌市が公表
2019年09月21日 (4,368)
札幌・南2西3南西地区再開発 23年4月開業へ工事着手
2019年10月02日 (2,306)
上空をデッキで接続検討 北5東1街区と北5西1・2
2019年10月01日 (2,143)
大和ハウス 札幌・円山の中古マンションをホテルに改修
2019年09月17日 (1,944)
カレスサッポロ 札幌・北4西18の複合施設に着工
2019年10月07日 (1,616)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第168回は「カロリーと肥満」。同じ カロリーでも、たんぱく質を多く含む 食べ物は肥満になりにくいです。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。