北海道空港グループを選定 道内7空港の優先交渉者

2019年07月04日 07時00分

SPC設立後、契約へ 20年1月から民営化開始

 国土交通省は3日、道内7空港の一括民営化の優先交渉権者として北海道空港(HKK)や道内企業を含む17者のグループを選んだ。10月までに特別目的会社(SPC)を設立して実施契約を結び、2020年1月15日の7空港一体のビル管理から段階的に運営を移譲する。2次審査の提案内容と得点配分は8月以降明らかにするが、7空港個別の運営方針や全体計画、運営権対価などほぼ全ての項目で同グループが上回っていたもようだ。

 優先交渉権者となった北海道空港グループの構成員は三菱地所、東京急行電鉄、日本政策投資銀行、北洋銀行、北海道銀行、北海道電力、サンケイビル、日本航空、ANAホールディングス、三井不動産、三菱商事、岩田地崎建設、道新サービスセンター、電通、大成コンセッション、損害保険ジャパン日本興亜だった。

新たな運営が始まる(新千歳空港ターミナルビルディング提供)

 2次審査に残ったもう一方のグループは東京建物を中心に、ADP INTERNATIONAL、東武鉄道、東武トップツアーズ、加森観光、前田建設工業で構成。北海道空港グループが40・8点差をつけた276・7点を獲得して優先交渉権者となった。

 8月の基本協定締結後に提案概要や得点内訳を国交省が公表する予定だが、北海道空港グループが7空港の個別施策や広域観光の振興に関する提案など全体の事業方針、実質的な一時金である運営権対価も、ほぼ全ての項目で優位な評価を得た。

 今後はSPC設立後の10月に運営権を設定して実施契約を結び、20年1月15日から7空港ビルの一体運営をスタート。同6月には新千歳空港、10月には旭川空港、21年3月からは残る5空港で滑走路などを引き渡す。

 2019年7月4日付の北海道建設新聞(1面)から抜粋。全文は同日付の本紙をご覧ください。

 

 

 


関連キーワード: 国交省 空港

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 古垣建設
  • イイファス
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (2,812)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,340)
地下鉄駅中心に半径400m 札幌市の中島公園周辺整備構想
2019年06月28日 (2,287)
札幌・発寒にスポーツ用品店 アルペンが入居
2019年06月24日 (2,015)
札幌西ICフル規格化 署名2万筆集め今夏から要望活動
2019年07月07日 (1,701)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第163回は「Jカーブ効果」。お酒を 全く飲まない人やたくさん飲む人より 少量を飲む人の健康リスクが低くなる 場合があります。

連載 ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流new

ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流
開発の波が訪れつつある色丹島の状況を報告します。