田岡前石狩市長 20年を振り返る

2019年07月06日 15時00分

財政再建に奔走、市民と協力

 1999年から5期20年にわたり、石狩市長として市政運営の先頭を走り続けた。6月26日で任期を終えた今、これまでの歩みを振り返り、新市長への期待を聞いた。(建設・行政部 坂本 健次郎記者)

 ―20年間を振り返って率直な思いを。

 濃密な時間であっという間だった。市長就任当時は財政再建が課題だった。財政再建は人口減少や雇用問題とも関連する。住環境や子育て支援体制の整備、石狩湾新港地域への企業誘致によって安定した生活を送れる環境にし、人口増加にもつながった。

 2005年の厚田村、浜益村との合併では、道の駅を中心とした同地区の観光施設を開発し、昼間人口の増加につながった。さまざまな問題に取り組み突っ走ってきた。本当に短く感じる。

 ―一番印象に残っている仕事は。 

 やはり就任直後の財政再建への取り組み。就任前は助役として、市長の苦労を一番近くで見てきた。早急に取り組まねばならないと思っていた。

 当初10年間は、建築物などは新設せず修繕で乗り切り、職員の給与削減にも取り組んだ。危機を乗り切るため、関係各所や自治会などに財政状況を説明して回った。危機感を共有することで前に進んでいくことができた。

 ―新市長へエールを。 

  長年市政に携わってきて、市のことは熟知しているから大丈夫。経験から言えば、市民の皆さんの協力で行政運営ができた。市民の力そのものが行政の力。市民の思いを理解して、一丸となって挑戦していってほしい。

 田岡 克介氏(たおか・かつすけ)1945年10月11日石狩町(当時)生まれ。68年国学院大卒業後、石狩町役場入り。企画調整部長、助役を経て、99年石狩市長初当選。6月26日付で退任。

(北海道建設新聞2019年7月1日付18面より)


関連キーワード: さっぽろ圏 市町村行政

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 古垣建設
  • web企画
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,128)
2人暮らしに最適な平屋提案 内池建設
2020年10月08日 (1,481)
若返る新さっぽろ(上)医療・教育施設が核
2020年09月30日 (1,456)
若返る新さっぽろ(下)厚別区全体へ波及を
2020年10月02日 (1,307)
道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (1,083)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 「建築の聖地」メムメドウズの10年new

「建築の聖地」メムメドウズの10年
独創的な住宅が点在する次世代住宅研究施設が誕生して10年。世界的にも類を見ない建築群のこれまでと現在を追った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第1回「街並みに調和する外壁の色」周囲と調和し、その建物も映える色を見つけたいところです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第193回は「酒豪」。お酒に強くても醜態をさらしてはただの飲兵衛。節度をもって周りと接してこそです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第1回「行政書士ってどんな仕事?」雑多な手続きを一切合切担います。何でも相談してみてください。