旧キリンビール園の解体に100㌧級大型解体機を導入

2019年07月11日 12時00分

余裕のある能力で安全作業を確保

 本間解体工業(本社・札幌)はこのほど、コベルコ建機の大型建物解体専用機「SK1000DLC」を導入した。初の現場は、鴻池組が積水ハウスから請け負っている札幌市内の仮称・中島公園計画に伴う既存建物解体で、7月下旬の稼働を予定している。

 SK1000DLCは、100㌧級の超大型建物解体専用機。作業高さを保ちつつ、より大型のアタッチメントを装着できる機械だ。高さ約40mのGD超ロングから高強度コンクリートを力強く破砕するセパレートブームまで、アタッチメントは現場に合わせて4種類を用意する。

 本間解体工業は、環境性と安全性から同機を選択した。エンジンは380㌔㍗の高出力を生み出しながら、オフロード法2011年基準に適合し、国土交通省の低騒音型建設機械の基準値もクリアする。余裕あるパワーは工程面でメリットとなり、安全作業につながると考える。

 6月末に納車。散水装置などの付属品を装備し、本稼働は7月下旬を予定している。

 建物[MAP↗]はグランドキャバレーのミカドとして1974年に営業を開始し、95年12月からはキリンビール園本館中島公園店として営業していた。

 市内中心部に位置しているため、作業スペースが限られる。さらに1―2階の一部が吹き抜けとなっていて、建物のバランスが崩れやすいなど作業には細心の注意が必要だ。「その点、大きい機械なら安定して作業できる」(同社)といい、余裕のある能力で最大限の安全作業に努める意向だ。


関連キーワード: さっぽろ圏

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 川崎建設
  • イイファス
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (2,023)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,494)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,468)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (1,125)
コロナ禍もニセコのホテル工事続く
2020年06月01日 (985)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。