鈴木工業佐々木さん、増田さん 鳶競技大会で優勝と準優勝

2019年07月13日 12時00分

優勝した佐々木さん(右)と増田さん

 北海道鳶土木工業連合会が、6月下旬に札幌市内で開いた北海道鳶技能競技大会で、鈴木工業(本社・苫小牧)の佐々木優さんが優勝、増田隆治さんが準優勝した。努力が実り、一人の職人として自信を深めるとともに、後輩育成にも意欲を見せる。

 大会の課題は、3時間以内に落下防止の朝顔養生足場を組み立てるというもの。制限時間内に完成できない選手が多数いた。

 2大会前の優勝者で、事前に10回以上練習をし入念に準備してきた佐々木さんでも「難しかった」と振り返る。参加者の中では最年長の34歳。ベテランの技術を十二分に発揮して、優勝をつかんだ。

 増田さんは職人歴約10年の27歳。大会では、完成した先輩の足場を見て「きれいだ」と感じ、まだまだ覚えることがあると表情を引き締める。

 自分より年下の職人が増え、20代で既に中堅。「若手に的確な指示を出せるようになりたい」と目標を掲げ、現場でのコミュニケーションの活発化を目指す。作業には声を出し、連携を取ることが不可欠。若手が声を発しやすい環境をつくりたいと話す。

 後進育成も重要な仕事になってきた佐々木さんは、若手には技を見て覚えさせるのではなく、「まずは自分で考えて作らせる」のが方針。その方が、ものづくりの楽しさが伝わるからだ。自身も子供の頃好きだったプラモデル作りが今につながっている。

 今でも「新しい技術や知識に触れるのは楽しい」と話し、「鳶になる人はみんなものづくりが好き。そんな人に興味を持ってもらえれば」と続ける。

 後には残らなくても、「技術を駆使し、組み立てた足場で作業員の安全を守るのがやりがい」と未来の鳶職人に語り掛ける。(苫小牧)


関連キーワード: 技能 胆振

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 古垣建設
  • イイファス
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (2,812)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,340)
地下鉄駅中心に半径400m 札幌市の中島公園周辺整備構想
2019年06月28日 (2,287)
札幌・発寒にスポーツ用品店 アルペンが入居
2019年06月24日 (2,015)
札幌西ICフル規格化 署名2万筆集め今夏から要望活動
2019年07月07日 (1,701)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第163回は「Jカーブ効果」。お酒を 全く飲まない人やたくさん飲む人より 少量を飲む人の健康リスクが低くなる 場合があります。

連載 ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流new

ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流
開発の波が訪れつつある色丹島の状況を報告します。