函館駅前東地区再開発の準備組合が設立

2019年07月22日 07時00分

 ことし1月末に閉店した棒二森屋店跡地の市街地再開発が動きだす。19日、関係権利者らが函館駅前東地区市街地再開発準備組合を設立した。事業協力者は秋ごろ選定する方針だ。理事長には元函館ロープウェイ社長の西野鷹志氏を選出した。

 跡地[MAP↗]活用では、函館駅前東地区まちづくり協議会として9回の会合を重ねマンション、ホテル、商業などの複合施設を整備する構想を示した。これを受けて都市計画法に基づく市街地再開発事業で推進する方針を掲げ、準備組合に移行する。

 函館経済センターで開いた設立総会には関係権利者19人が出席。事業計画として、市街地再開発事業に関する調査・研究や市街地再開発の推進を掲げた。

 事業協力者の選定方法などは今後詰める。計画の進ちょくなどを地域住民に周知する「まちづくりニュース」発行などの広報活動も展開する。

 副理事長には函館都心商店街振興組合理事長の渡辺良三氏を選任。事業協力者が決定するまでの事務局はイオンモール、西松建設、ユーデーコンサルタンツの3社が担う。

 初の理事会は8月6日を予定している。


関連キーワード: MAP 再開発 渡島

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • web企画
  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,966)
五輪マラソンコース整備で9.4kmにオーバーレイ
2020年01月05日 (1,966)
札幌北5西1・西2再開を日本設計に実務委託
2019年12月27日 (1,697)
仏アクサ 札幌・ヤマハセンター跡地に高級ホテル
2020年01月23日 (1,634)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,630)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第176回は「刺身を引く」。研ぎ澄ま された包丁で一気に引くと身が潰れず うまさが引き出されます。

連載 深掘り new

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 サハリン・スケッチ

重大NEWS2019 令和元年を振り返る
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。