複合商業施設「ブランチ札幌月寒」 一部先行オープン

2019年07月22日 18時00分

 大和リース(本社・大阪)が北海道立産業共進会場跡地で建設を進めてきた複合商業施設「ブランチ札幌月寒」が、19日に一部先行オープンした。7棟の施設で予定するテナント計37店舗のうち、児童デイサービスや飲食、体操教室など10店舗が開店。施設中央には約1万3000m²の回廊型公園を設け、地域コミュニティーを育む拠点としての機能を備える。グランドオープンは10月を予定している。

 札幌市豊平区月寒東3条11丁目1の24[MAP↗]の敷地4万4173m²に、同社が全国展開する複合商業施設ブランドの「ブランチ」を建設。施設は7棟(計延べ1万5300m²)で構成し、スーパーマーケットや物販販売店舗、クリニックモールなどを設置する。

公園を囲うように店舗が並んでいる

 先行オープンしたのはスターバックスコーヒーの店舗や、じゅんのめ保育園、ジュンスポーツクラブ、ベーカリーの「BAKERY Coneru(ベーカリーコネル)」、ドコモとソフトバンクの携帯ショップなど10店舗。飲食店が入る施設は、中央にある公園を囲うように木道でつなげ、自然を感じることができる配置になっている。

 大和リース札幌支店では「保育や健康増進の機能も取り入れている。子育てや健康に役立ててもらえれば」とPRしている。

 


関連キーワード: さっぽろ圏 商業 大型

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 川崎建設
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,739)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,280)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,968)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,542)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,301)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。