未来を担う ワカモノの思い…

未来を担うワカモノの思い ハラダ工業 笹田雅大さん

2019年07月26日 09時00分

多能工を目指し日々精進

笹田雅大(ささだ まさひろ)さん

 現場も事務もこなせる多能工を目指したい―。砕石事業者として地域に骨材を供給する、ハラダ工業(本社・留萌)に2012年入社した。供給量を増やすため、砕石の状態把握やデータ収集など生産拡大を常に意識する。

 入社後の配属先は沼田町の幌新砕石事業所で、2年間勤務。その後、札幌砕石事業所で3年間、17年から留萌大和田砕石事業所で働いている。

 「一番大変だったのは札幌砕石事業所。忙しくて体重は減ったが、時間の使い方や必要な知識を身に付けることができた。この3年間があったからこそ、今がある」と振り返る。

 現在はプラント運転を任され、コンクリート用砕石や路盤材の生産に力を注ぐ。「自社で生産した砕石が使われている現場を見るとうれしい。妻に話すこともある」という。

 「トラブルを起こさずに一日でどれだけ生産できるか、少しでも多く作りたいと考えているが、何かあったときは勇気を持って止めたい」と、生産拡大と効率化を求めつつ安全最優先の考えを強調する。

 バックホーの運転や事務も手掛ける。「まだまだ勉強中」と話すが、あらゆる仕事を学び多能工を目指す決意だ。

 1988年4月3日生まれの31歳。妻と1歳2カ月の娘がいる。「仕事から帰ってきて、娘が手を上げながら走って迎えに来てくれるのを見ると、疲れが吹き飛ぶ」と笑顔を見せる。


未来を担う ワカモノの思い… 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (2,303)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,520)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,458)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (1,106)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,002)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。