未来を担う ワカモノの思い…

未来を担うワカモノの思い ハラダ工業 笹田雅大さん

2019年07月26日 09時00分

多能工を目指し日々精進

笹田雅大(ささだ まさひろ)さん

 現場も事務もこなせる多能工を目指したい―。砕石事業者として地域に骨材を供給する、ハラダ工業(本社・留萌)に2012年入社した。供給量を増やすため、砕石の状態把握やデータ収集など生産拡大を常に意識する。

 入社後の配属先は沼田町の幌新砕石事業所で、2年間勤務。その後、札幌砕石事業所で3年間、17年から留萌大和田砕石事業所で働いている。

 「一番大変だったのは札幌砕石事業所。忙しくて体重は減ったが、時間の使い方や必要な知識を身に付けることができた。この3年間があったからこそ、今がある」と振り返る。

 現在はプラント運転を任され、コンクリート用砕石や路盤材の生産に力を注ぐ。「自社で生産した砕石が使われている現場を見るとうれしい。妻に話すこともある」という。

 「トラブルを起こさずに一日でどれだけ生産できるか、少しでも多く作りたいと考えているが、何かあったときは勇気を持って止めたい」と、生産拡大と効率化を求めつつ安全最優先の考えを強調する。

 バックホーの運転や事務も手掛ける。「まだまだ勉強中」と話すが、あらゆる仕事を学び多能工を目指す決意だ。

 1988年4月3日生まれの31歳。妻と1歳2カ月の娘がいる。「仕事から帰ってきて、娘が手を上げながら走って迎えに来てくれるのを見ると、疲れが吹き飛ぶ」と笑顔を見せる。


未来を担う ワカモノの思い… 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸井今井函館店、再開発へ...
2021年11月10日 (23,692)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (11,999)
三笠の道道岩見沢桂沢線で道路陥没...
2021年11月12日 (3,497)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,437)
飲食・物販施設が着工 旭川の買物公園...
2021年11月23日 (3,243)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第219回は「トイレの回数」。極端に多い場合は、病気の可能性もあります。

連載 本間純子new
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第14回「テレワークに向かない仕事」。現物サンプルのチェックや資料の印刷など、アナログな部分も多いです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第13回「子育てと経営者の両立」従業員の家族との暮らしやすさを確保するのも経営上の課題です。

連載 進む木造化

道内にも波及しつつある、中高層ビルの木造化の動きを紹介する。