技能五輪出場の2選手 道庁訪れ意気込み語る

2019年07月27日 15時00分

 8月22―27日にロシア・カザンで開かれる第45回技能五輪国際大会に出場する道内2選手が23日、道庁を表敬訪問し、日頃培った技能を発揮し、上位を狙うことを誓った。

 世界各国・地域の予選会を勝ち抜いた22歳以下の青年技能者が競う大会で、2年に1度開催されている。今回は59の国と地域から約1600人が出場し、全56職種で腕を競う。日本代表は42職種、52人。道内からは家具部門の山口智大さん(ガージーカームワークス・旭川市)と建具部門の安久津幸紀さん(高橋加工部・帯広市)が出場する。

 

国際大会で全力を尽くすことを誓った

 この日は、2選手と北海道職業能力開発協会の近藤光雄会長らが道庁本庁舎を訪れた。近藤会長が選考理由などを紹介し、「選手たちが日頃培った技能を十分に発揮してくれることを期待する」と述べた。

 山口さんは「サポートしてくれた人たちに恩返しをする気持ちで戦い抜きたい」、安久津さんは「近年、日本では建具部門で上位の成績を取れていない。より上位を狙っていきたい」とそれぞれ意気込んだ。

 土屋俊亮副知事は「日頃培った技術を惜しみなく発揮して、各国・地域の人と交流も含めて楽しんでほしい」とエールを送った。

 


関連キーワード: 人材育成

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 古垣建設
  • 川崎建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (2,022)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,494)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,467)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (1,125)
コロナ禍もニセコのホテル工事続く
2020年06月01日 (985)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。