JR苗穂駅南口にインフォメーションセンター

2019年07月28日 12時00分

岩田地崎などJVが開設 再開発概要や地元情報発信

 行き交う市民の憩いの場に―。JR苗穂駅南口[MAP↗]の再開発を手掛ける、岩田地崎建設・丸彦渡辺建設・田中組・札建工業共同体は、駅南口にインフォメーションセンターを開設した。再開発の事業概要のほか、苗穂地区のイベント情報なども紹介し、地元の情報発信の場になっている。

憩いの場となっているインフォメーションセンター

 同共同体は、北3東11周辺地区第1種市街地再開発事業の特定業務代行者としてA、B、D街区の施工を担当。4月に着工し、共同住宅や商業施設、医療施設などの建設を進めている。

 メインの岩田地崎建設は苗穂で創業し本社を置く。建設業の魅力を伝えるとともに苗穂地区の文化的活動に貢献しようと、同センターの開設や仮囲いのイメージアップを計画した。

 1日にオープン。事業概要のパネル展示のほか、工事の進捗(しんちょく)や岩田地崎建設のSDGsの取り組みをモニターで分かりやすく紹介している。

 地域のイベント情報や苗穂駅周辺まちづくり協議会が発行するかわら版、苗穂カフェのお知らせなども貼り出し、地域活動を周知する場にした。

 センターは21年6月末まで開設する予定。室内にはベンチやエアコンを設け、市民が足を止め一息入れる場所にもなっている。

 駅南口広場に面した仮囲いは、道行く人の興味を誘うよう苗穂地区の歴史や、旧永山武四郎邸など地区内にある北海道遺産を紹介するデザインにした。

 同共同体の経塚史洋統括所長は「苗穂地区の歴史に触れたり、地域のイベントを通じて多様な世代が交流するきっかけになれば。工事の情報も載せているので建設業のイメージアップにつながれば幸い」と話している。

(北海道建設新聞2019年7月22日付12面より)


関連キーワード: MAP さっぽろ圏 再開発

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 日本仮設
  • イイファス
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,096)
新さっぽろ駅周辺地区 G・I街区の開発始まる
2019年08月08日 (1,964)
札幌都心部でホテルの建設加速 19年上半期に9件
2019年07月30日 (1,496)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (1,472)
カレスが札幌・北6東3に医療センター 21年10月に着工
2019年08月01日 (1,303)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第166回は「北海道マラソン」。渇きを感じる前にこまめな給水をし、完走を確実に目指しましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。