苫小牧中央ICの現場など巡るバスツアー 参加者を募集中

2019年07月28日 09時00分

 道建設部は、8月6日に苫小牧などを巡る「建設産業魅力発掘キャラバン」バスツアーの参加者を募集している。2020年度完成予定の苫小牧中央ICの現場見学やカンナがけ体験を企画。多数の参加を呼び掛けている。

 建設産業のイメージアップや入職促進が狙い。将来、担い手となり得る小中高生に建設業の役割、仕事を学んでもらう。

 ツアーは午前8時に室蘭駅を出発。途中、東室蘭駅と苫小牧駅でも参加者を迎え、苫小牧中央ICでは現場見学や重機に乗車してもらう。昼食後は、北広島市内の土屋アーキテクチュアカレッジを訪問。小学生はカンナがけを体験、中学生以上は施設見学する。

 定員40人。旅行代金は昼食付き、税込みで小学生850円、中学生以上1500円。小学生は保護者同伴、中高生は保護者の同意書が必要となる。大人の単独参加も可能だが、申し込み多数の場合は子どもを優先する。

 参加者はデジタルカメラなどを持参し、見学場所で撮影した写真を提出する。写真は道の広報活動や、毎年1月に開催する「建設産業ふれあい展」での展示を予定している。

 参加の申し込み・問い合わせはシィービーツアーズ予約センター、電話011(221)0912まで。同社のホームページでも予約できる。(苫小牧)

(北海道建設新聞2019年7月25日付11面より)


関連キーワード: 人材確保 人材育成

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (2,019)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,494)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,467)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (1,125)
コロナ禍もニセコのホテル工事続く
2020年06月01日 (985)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。