震災復旧で総額5割増に 日胆管内土木3官庁6月末工事実績

2019年07月30日 15時00分

 胆振・日高管内主要土木3官庁(室蘭開建、室蘭建管、胆振総合局・日高振興局両農村)2019年度第1四半期(4―6月)業者別工事受注実績が本紙集計でまとまった。受注総額は、前年度同期比53%増の499億5086万円。首位は34億円余りを獲得した岩倉建設となった。10億円を上回る業者は前年度同期から9者増の14者。北海道胆振東部地震に伴う緊急、復旧工事による発注増加の影響が色濃く出た。

 税抜きの落札額を基に集計した。18年度に発注したゼロ国債、ゼロ道債、翌債、繰り越しなどは全額、多年度国債は19年度支払い分を計上。共同体受注は出資比率に応じて配分した。本社所在地が札幌市でも管内に本店を置く企業は、管内業者にカウントしている。

 受注額を発注機関別に見ると、開建は29%増の305億2780万円、建管は2・6倍の168億6297万円、胆振・日高両農村の合計は1.6%増となる25億6010万円。

 業者所在地別の動向を見ると、管内業者は58%増の356億6595万円、道内管外業者は57.7%増の96億5018万円、道外業者は17.1%増の46億3474万円といずれも受注額が増加。

 受注シェアは管内業者が71.4%で2.2ポイント増加、道内管外は0.6ポイント増の19.3%と伸ばし、道外は2.8ポイント減の9.3%に縮小した。

 受注業者の実数は、管内が7者減の107者、道内管外が18者増の56者、道外が2者増の22者で計185者。1億円以上の受注は21者増となる81者で、うち管内業者は13者減少の52者となっている。

 首位の岩倉建設は、室蘭開建発注の平取ダム堤体建設第2期の19年度支払い分をはじめ、13件の工事を射止めた。2位の宮坂建設工業は、開建発注の日高自動車道新冠町大狩部トンネルの19年度支払い分、胆振東部地震の災害復旧や主要事業工事で計4件を受注した。

 3位の北紘建設は、開建発注の胆振東部地震復旧工事をメインに積み重ね順位を伸ばしている。

 2019年7月30日付けの北海道建設新聞11面では、日胆管内土木3官庁業者別受注実績の上位20者までの表を掲載しています。

 また、会員向けサービスekensinプラスの「受注ランキング」機能では、複数の発注機関をまとめて指定する「グループ機能」を搭載。上位20者以下を含めた日胆管内土木3官庁の全受注者の受注ランキングをご覧いただけます。入会やサービス内容について、詳しくはこちらをご覧下さい


関連キーワード: 日高 胆振 胆振東部地震

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

満喫ひとり船旅!シングルプレミアムキャンペーン(2020年9月1日~2021年3月31日)
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (2,222)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,078)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,619)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,388)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,021)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 若返る新さっぽろnew

若返る新さっぽろ
「副都心」ににぎわいを取り戻すため、医療と教育を核とする大規模再開発が本格化。計画が生まれるいきさつとともに街の展望を探る。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。