徳寿ファームが白老町で和牛の生産体制を確立へ

2019年07月31日 12時00分

 焼き肉店などを手掛ける梨湖フーズ(本社・札幌、高木勉社長)のグループ会社、徳寿ファーム(同)は、白老町で和牛生産を始める。10月末の完成を目指し、和牛120頭を飼育できる牛舎などを建設中。2020年には新たに和牛180頭を飼育するため牛舎を追加して建設する。将来的には循環型農業の展開も視野に入れる。

 徳寿ファームは18年3月設立の農地所有適格法人で、牧場や農場の経営、家畜生産と飼育販売、飲食店経営を手掛ける。

 これまでも同社グループの「焼肉徳寿」で白老牛を扱っていて、自ら生産に乗り出すことを決めた。

 現在、白老町森野13ほか[MAP↗]の1万1286m²の敷地で、堆肥舎や牛舎、管理棟を1棟ずつ、延べ3128m²の施設新築を進めている。いずれもS造、平屋。施工はアイエムコーポレーションが担う。

 同社は約20カ月をかけて子牛を飼育。北海道畜産公社早来工場で食肉に加工し、グループの店舗に提供する。

白老町などと公害防止協定を締結した徳寿ファームの高木社長(中央)

 29日には牛の生産に向け、白老町、緑町5区町内会と地域住民の健康保護、環境保全を図ることを目的に町役場で公害防止協定を締結した。

 同社は自社生産の体制を確立し、白老町内での畜産で生じた堆肥でニンニクやイチゴといった農作物を育てる循環型農業を目指している。

 高木社長は「将来構想については、肥育を柱として模索中だ」と話している。


関連キーワード: 畜産 胆振 農業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • オノデラ
  • web企画
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

▶e-kensinマップにクマ目撃情報の特設ページを公開
2019年08月27日 (8,074)
▶「e-kensinマップ」がオープンしました。
2019年07月17日 (3,459)
札幌・北5西1、西2街区再開発 新幹線駅と一体的ビルに
2019年09月02日 (3,232)
札幌のラフィラ建て替え、12月にも準備組合
2019年08月27日 (2,866)
新幹線高架化に伴い倶知安駅の線路とホームを西側に移設へ
2019年08月26日 (2,236)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第167回は「高血圧」。合併症で命を落とす危険もある、深刻な病気です。放置せず治療が必要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。