未来を担う ワカモノの思い…

未来を担うワカモノの思い サンゲツ北海道支社 中舘晴香さん

2019年08月01日 10時30分

地域特性生かし空間演出

中舘晴香(なかだて はるか)さん

 サンゲツで住宅や病院、福祉施設など幅広い物件の内装コーディネート提案を手掛ける。図面やサンプルを貼り付けたプランボードや、ビフォーアフターの比較イメージ画像を作成するほか、床材のデザイン貼りの提案をしている。

 1993年3月29日生まれ。北大文学部出身。大学1年の授業で住宅展示場を見学する機会があり、「住宅は内装によっていろいろな表情があって面白い」と感じた。就職活動で同社のショールームを訪れ、商品の魅力に触れるとともに社風や社員の人柄に引かれ、志望した。

 入社5年目。インテリアコーディネーターの資格を3年目で取得し、インテリア関連のさまざまな本を通じ知識習得に励む。顧客にヒアリングをするときは相手の表情や言葉の端々まで注目し、思い描いているイメージを具現化できるよう心掛けている。

 18年12月に、北海道支社が現在の場所に移転。それに伴い新オフィスの床や壁紙、カーテンといった内装材の選定に関わった。アクセントカラーを取り入れ、明るく開放的な空間になるよう意識。応接室はVIPルームのように、高級感を持たせた。

 最近はホテルの新築・改装案件が増加。国内外の観光客にとって、ホテルが思い出の一部になると考えている。

 地域の特性を生かしたコーディネートで「〝また北海道に来たい〟と思ってもらえる特別な空間にしたい」と意欲を見せる。ファイターズの大ファン。


未来を担う ワカモノの思い… 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 東宏
  • web企画
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,128)
BP新駅で大規模開発 高層MS、商業施設、ホテルな...
2022年06月29日 (2,326)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,219)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,736)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (1,330)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 激化する若者獲得競争
地方企業が取るべき
戦略は-new

激化する若者獲得競争 地方企業が取るべき戦略は-
若者獲得に向けた工夫とは。釧路市内の団体が開いたセミナーから、各回の講演概要を紹介する。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第234回「アセトアルデヒド」。二日酔いの原因物質で、顔の赤みや動悸、胃腸への刺激を引き起こします。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第21回「住宅の内装/色と素材感」。質感や柄から受ける印象も大切にしてコーディネートを進めたいものです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第20回「能力向上へ適切な指導」正しいゴールの設定やフィードバック、成功体験が大切です。