道銀が農業法人に出資 職員派遣し経営参画

2019年08月04日 12時00分

記者会見する笹原道銀頭取(右から4人目)とOMEGAファーマーズ関係者

 北海道銀行は23日、農業法人の合同会社OMEGAファーマーズ(士別市)に150万円を出資したと発表した。法人の代表者に道銀職員を派遣し、経営に参画する。出資、代表者派遣ともに7月18日付。法人には道内各地の8生産者が参加し、健康食品の原料となる植物油を生産する。

 OMEGAはことし5月31日にAgriDo名で設立し、18日付で社名変更した。道銀参加後の出資金は3195万円。ほかのメンバーは三好農場(音威子府村)、大西農場(士別市)、木村農場(同)、オレンジファーム(名寄市)、アグリプロダクト笠井(剣淵町)、中薮農園(帯広市)、西島農場(浦臼町)、牧野農園(美唄市)の8生産者と農業関連の道内2社。

 各生産者の合計栽培面積は250haで、主に亜麻、えごま、菜種を栽培する。これらの植物の油は、健康食品の成分として注目される脂肪酸「オメガ3」「オメガ9」を多く含むという。

 近く、廃校となった士別市立武徳小学校[MAP↗]の体育館内に搾油施設を設置。自ら搾油することで付加価値をつける。2年目以降、年間2億円前後の出荷を見込む。

 同日記者会見した道銀の笹原晶博頭取は「農業生産事業への当行の参画を通して、農業経営の企業化、さらなる6次産業化に取り組みたい」と意欲を語った。

(2019年7月24日付の北海道建設新聞より)


関連キーワード: 農業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • 日本仮設
  • 東宏
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (3,533)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,187)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (1,816)
名寄市 王子マテリア名寄工場の事業継続要請
2019年10月16日 (1,573)
仁木IC開通に向けて仁木町が観光拠点づくりを検討
2019年10月23日 (1,511)

連載・特集

連載 釧根で輝く女性たちnew

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第171回は「内臓脂肪」。内臓を背中 に繋ぎ止める腸間膜についた脂肪で、 過度に増えると重大疾患を招きます。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。