札幌都心部の路上停車減少へ 観光バス乗降所の実験開始

2019年08月04日 09時00分

 札幌都心交通研究会は、観光貸し切りバスの路上停車数を減らし、円滑な道路交通確保に向けた実験を25日に始める。2018年の実証実験で一定の効果を確認できたため、引き続き道路空間と既存商業施設を一体的に利用した乗降所や待合所を設置する。期間は9月30日までを予定している。

 観光貸し切りバスの乗降場所に明確なルールがないことから、18年は10月から12月まで実証実験を実施。商業施設「ノルベサ」前[MAP↗]に乗降所、同施設に待合所を置いた。その結果、すすきの、大通、狸小路エリアの路上における観光貸し切りバスの駐停車台数が約6割減少。実験前に渋滞していた15区間のうち、10区間の渋滞が解消された。

 19年2月に実施した地域主体の実験でも乗降所は多くの観光貸し切りバスが利用し、待合所設置によりバス利用客の歩道上での待機も解消された。

 25日から実験が始まるが、本格運用に向けた課題として、都心部全体での展開の必要性やモラル向上を促す方策の検討、採算性などが挙がっている。

 このため同研究会では今後、対象エリアの拡大やモラル向上などに向けた予約制の導入・料金収受、警備員・誘導員の配置、費用負担者・割合などのスキームを検討する必要があるとみている。

(2019年7月25日付の北海道建設新聞より)


関連キーワード: MAP さっぽろ圏 観光 道路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • イイファス
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,096)
新さっぽろ駅周辺地区 G・I街区の開発始まる
2019年08月08日 (1,964)
札幌都心部でホテルの建設加速 19年上半期に9件
2019年07月30日 (1,496)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (1,472)
カレスが札幌・北6東3に医療センター 21年10月に着工
2019年08月01日 (1,303)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第166回は「北海道マラソン」。渇きを感じる前にこまめな給水をし、完走を確実に目指しましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。