札幌市の18年度開発行為許可 総面積は4割増の26万m²

2019年08月13日 09時00分

 札幌市の2018年度開発行為の許可実績がまとまった。件数は1件増の21件、総面積は25万5840m²で、大きく落ち込んだ17年度に比べ41.1%増と過去10年の平均水準に戻った。3・6倍と自己用の大幅増に加え、非自己用は物販店舗や学校などの開発が8・5倍に増えたことなどが全体を押し上げた。

 開発行為は、建築や特定工作物の建設で土地の区画形質の変更をする際に許可が必要となる。市では市街化区域は面積1000m²以上、市街化調整区域は規模に関係なく申請が求められる。

 18年度は許可件数21件のうち、申請者が自ら使用する自己用案件は3件増の5件で、面積は3・6倍の11万6098m²と大幅に増加した。

 最大規模の案件は国立病院機構北海道医療センターが西区に建設する面積4万2312m²の病院など。このほか宗教法人吉祥院の本堂(南区、3万5838m²)、医療法人恵佑会の病院(白石区、1万7523m²)などがある。

 一方、造成後は分譲宅地や物販店舗などにリースされる非自己用は2件減の16件、面積も6.1%減の13万9741m²。店舗関連の開発は17年度の8・5倍と伸びたが、宅地造成の面積は3割減となり全体に響いた。

 店舗関連は1件増の3件で、面積は8・5倍の3万9761m²。エムジーリースが新築する中央区のアクロスプラザ南22条が最も大きく、1万990m²。このほか1万m²以上は、大和ハウス工業の看護医療専門学校(厚別区)で1万6418m²などがある。

 宅地造成は件数が3件減の13件、390区画、6万7443m²と17年度に比べ111区画、面積で30.6%減少した。

 1万m²超の宅地造成は、17年度を2件上回る3件。北海道セキスイハイムが手掛ける手稲区前田の113区画が最大で、同じく北海道セキスイハイムによる北区百合が原の58区画、コスモ建設が手稲区新発寒に造成する78区画もそれぞれ1万m²を超えている。

(北海道建設新聞2019年7月30日付12面より)


関連キーワード: MAP

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • オノデラ
  • 古垣建設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,712)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,280)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,957)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,730)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,293)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。