大通公園でクロカン 都心の競技 実証実験

2019年08月07日 18時00分

 冬季オリンピック・パラリンピック札幌招致期成会(岩田圭剛会長)は6日、札幌市内で定時総会を開き、2020年2月に大通公園と一部公道を使いクロスカントリースキー競技大会を開催することを決めた。都心を競技会場にする可能性を探るため、3年間の実証実験として展開。実験を通じ、招致機運の醸成も狙う。

 同会は、札幌商工会議所など経済界やスポーツ競技団体など311者で構成。招致活動を進める札幌市など自治体と協力し、30年の大会招致活動に取り組んでいる。

 総会で実施を決めた後、計画案を説明した勝木紀昭副会長は「街中でできるのか、観客がどれだけ集まるかを探っていく」と趣旨を述べた。

 20年はコース延長1㌔のジュニア大会から始め、21年は市民大会、22年は同2・5㌔の公認大会と開催規模を広げ、課題や問題点を探る方針を示した。実験を通じて招致機運を高め、冬季スポーツの観戦文化定着を目指す。

 運営は期成会を中心に実行委員会を組織する考え。20年は雪まつり後の2月16日開催の方向で調整を進める。

 コースは大通公園6丁目から9丁目と、北大通の一部を利用する見通し。コース延長は1㌔で、公園の8―9丁目には1周360mの体験コースを設ける。観戦規模は1万人を見込む。コースづくりには雪まつりの雪像を解体した雪の活用を想定する。


関連キーワード: 冬季五輪・パラリンピック

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅の新幹線ホームイメージ 札幌市が公表
2019年09月21日 (4,530)
札幌・南2西3南西地区再開発 23年4月開業へ工事着手
2019年10月02日 (2,408)
上空をデッキで接続検討 北5東1街区と北5西1・2
2019年10月01日 (2,245)
地下鉄南北線さっぽろ駅にホーム増設
2019年10月12日 (1,730)
カレスサッポロ 札幌・北4西18の複合施設に着工
2019年10月07日 (1,682)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第168回は「カロリーと肥満」。同じ カロリーでも、たんぱく質を多く含む 食べ物は肥満になりにくいです。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。